看護師に必要な基礎知識、スキルアップ、メンタルケア、コミュニケーション能力、考え方などを共有して、患者さんに適切な看護ケアを提供できるようにするブログになります。

看護師で、仕事が上手くいくためのコツとは?

今回は「看護師が、上手に仕事をしていくためのコツ」について記載していきますね。

毎日、一生懸命に患者さんのために看護を提供していると思いますが、なぜか「仕事ができる人」「仕事ができない人」に分けられますよね?なぜなのでしょうか?

仕事ができる人、つまり評価が高い人の行動を知ることができれば、看護師の仕事がより楽しくできるのではないでしょうか?仕事が上手くいく人の習慣や行動について解説していきましょう!




同僚や上司に相談する時に、自分の考えを持ってから相談していますか?

初めてみる疾患や処置をするときには、不安が強くなり相談したくなります。相談することは、決して悪いことではありません。患者さんの身に危険が及ぶことは避けなくてはなりません。

ここで言いたいことは、

・どのような場合でも、何も考えずにいきなり相談していませんか? 
・必ず、自分なりの考えを話してから相談する習慣はありますか?

ということです。新人看護師のあるあるだと思います。
何も考えずに質問を繰り返していると、相手側としては「自分で考えたことが一度でもあるのだろうか?仕事ができない。」と思われてしまいがちです。

自分の考えを話してから相談するということは、ある程度の知識を持ちながら、レベルの高い水準で話しをしている感覚になるため、「仕事ができる人」と区分されるのです。

私も新人看護師の頃は、自分の考えを話さずに相談していたことがあったので、冷たい態度で対応されたことを覚えています(笑)

正しい答えは一つだと思い、求めすぎていませんか?

看護師同士で、患者さんに対して日々カンファレンスが行われています。その時、

・不安な思いから発言があまりできない
・自信がありすぎるあまり、自分の意見こそが唯一の正解と思い、相手の意見を聞けない

このような看護師がいたら、あなたはどう感じますか?

発言が少ない人に対しては、「ちゃんと考えているのだろうか?知識がないのでは?」と感じる人もいます。
自信がありすぎて、明らかに変な意見を話している人は、「あの人に話しても、意見を聞き入れることができないからね・・・」となっていきますよね。

このような人を「仕事ができない人」と区分されることが多いのは事実です。

仕事ができる人は、正解思考を捨てています。唯一の答えがあると考えていず、意見を聞き入れることができる人ですね。このような人なら、「意見を聞いてくれるし、信頼できる。」となり、仕事ができる人として見られるようになるのです。

優先順位を考えて行動ができていますか?

「優先順位を考えて行動して」と言われたことはありませんか?この言葉を聞いたことがある人は、全ての仕事に全力投球をしている人が多いと思います。

全てを100%にし、完璧にこなそうとすると心身共に疲れてしまいますし、大きなミスにつながります。日々患者さんを受け持っています。

極端な例だと、生命の危険がある患者さんに100%注ぎ、歩ける患者さんのコミュニケーションも100%するのか?ということになります。

力を注ぐ区別がしっかりできている人は、「仕事ができる人」と評価されやすいです。

注意することは、「むやみに楽をしていい」ということではないので、あくまで100%を越える事例が起きた時に、考えて行動しましょうということです。 

このように考え方や行動一つ一つが、「仕事ができる人」「仕事ができない人」に区別されていきます。

・必ず自分の考えを相手に伝えてから、相談するようにしている
・相手の意見を素直に聞き、様々な答えがあることを理解している
・優先順位を考え、力の配分が適切にコントロールされている

このようなスキルを身につけている看護師が、「仕事ができる看護師」と区分されやすいです。
常に忙しい看護師業務ですが、頑張っていきましょう! 





 

 

 

看護師とお金、転職事情について興味ありませんか?

 

「もっとお金が欲しい。」

「職場の環境が・・・」

「もっと自由に働きたい。」

「時間のコントロールをしたい。」

 

このように思う方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

看護師とお金、転職について考えてみる

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。