看護師に必要な基礎知識、スキルアップ、メンタルケア、コミュニケーション能力、考え方などを共有して、患者さんに適切な看護ケアを提供できるようにするブログになります。

脳外科患者さんの栄養管理はなぜ必要?

今回は「栄養管理」について記載していきますね。

脳外科患者さんは、口から食べ物が摂取できなくなることが多いのが現状です。口からとれないと、代わりの栄養摂取方法を考えていかなければいけません。口からとれないということは、低栄養状態になりやすいということになります。

なぜ栄養管理が必要なのか?栄養管理の方法は何があるの?栄養管理の基本的な考え方とは?栄養剤の選択方法は?解説していきましょう!



なぜ栄養管理が必要なの?

脳外科患者さんの栄養管理は、全身状態や褥瘡予防、肺炎などの合併症予防に有効です。栄養管理とは、低栄養者を早く見つけて、栄養状態の改善を目指すことをいいます。

栄養管理にはどんな方法があるの?

大きく分けると、経腸栄養と経静脈栄養の2つに分類されます。

・経腸栄養:経口摂取と経管栄養があります。さらに経管栄養には、間欠的経管栄養と胃ろう、長ろうがあります。
・経静脈栄養: 末梢静脈栄養と中心静脈栄養の方法があります。

栄養管理の基本的な考え方は?

栄養療法の基本的な考え方は、腸が使える場合、経腸を選択していくことになります。経口での栄養摂取が不十分、または不可能な場合には、栄養補給を行います。

消化管の機能が保たれていれば、経腸栄養を行うということになります。 

消化管の機能とは、

・消化、吸収を行う
・消化管ホルモンを産生する
・免疫機能の調整
・腸内細菌の流出防止

これらの機能を担っています。長期間、腸に栄養が摂取されないと、消化管の機能も低下してしまうので、できる範囲で経腸栄養が必要となるのです。

栄養剤の選択方法に基準はあるの?

栄養剤は様々な種類があり、成分栄養剤、消化態栄養剤、半消化態栄養剤などに分けられます。

・成分栄養剤:高度の消化吸収障害がある場合にも使用できるのが特徴です
・消化態栄養剤:消化された状態になっている栄養成分で、機能異常がある場合も使用できます
・半消化態栄養剤:天然食品をある程度消化した状態。消化管の機能が正常な場合に使用できます

このように栄養剤は様々ありますが、患者さんの体に合う合わないが存在します。下痢になりやすい方もいますし、消化管の動きが悪いために吐いてしまうこともあります。

経腸栄養は、病態もありますが個人差が見られることがあります。量や投与スピードなど、その人の体にあった正しい投与をしなければ、下痢や嘔吐につながり結果として、低栄養状態の改善どころか悪化してしまう場合もあります。

看護としては、上記に述べたように

・水様便が見られていないか
・嘔吐がないか
・腸蠕動音が強いか弱いか
・採血結果より低栄養状態が改善されているのか、いなければ医師に相談する

このように観察していき、適切な栄養管理ができているのかアセスメントしていく必要があります。
栄養状態が改善されていくと、患者さんの身体機能が改善していくきっかけになります。
正しい視点で観察をしていきましょう!




関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。