看護師に必要な基礎知識、スキルアップ、メンタルケア、コミュニケーション能力、考え方などを共有して、患者さんに適切な看護ケアを提供できるようにするブログになります。

苦手な人や嫌いな人と上手に付き合う、看護師とは?

今回は「苦手や嫌いな人と上手に付き合う方法」について記載していきますね。

誰にでも苦手な人や、どうしても嫌いな人っていますよね?これって正しい反応だと思いますか?
もし、出会う人全ての方と仲良くなっていたとしたら、あなたはどう感じますか?

好きな人もいれば、嫌いな人もいる。このことって、自然なことだと私は思います。

あなた、もしくは周りの知り合いが出会う人全ての方と上手く言っているとしたら?相手が苦手だと感じてしまったときの対処法は?長所と短所は紙一重?相手を名前で呼ぶことが、仲良くなる必殺技?
詳しく解説していきましょう!



あなたや周りの友達で、出会う人全ての方と上手く言っている方はいるのか? 

できれば、出会う人と仲良くなりたいと思いますよね?もし、あなたや周りの友人が、全ての方と上手く言っているとしたら、どのようなことが起こっているのでしょう?

ずばり!あなたが無理をしているか、相手が我慢しているか、このどちらかといえます。 

どうでしょう?驚いた方やその通りだと思って頂いた方も、多いのではないでしょうか。

このような状態を続けていると、どうなるでしょう?そうです。ストレスが溜まった状態が続いてしまうので、心身共に疲れてしまいます。一番の問題は、本当に大切な方との交流にも、影響を及ぼしてしまうかもしれません。

なので、「好きな人もいれば、嫌いな人もいるんだなー。」と割り切ったほうが気持ちが落ち着きますね。

ただし!割り切るといっても、深く付き合わないレベルではコミュニケーションをする必要がありますよね?

では、どのように苦手な方と接したらよいのでしょうか。

相手を苦手だと感じてしまったときの対処法は?

人の欠点を探すのは得意ですか?

看護師の患者さんを観察する能力が人一倍強いので、「人間観察が趣味なんです(笑)」という言葉を耳にしたことがあります。

相手に対して「優しいんだけど、行動が荒いのよね」「悪気はないんだけど、うるさいなー」など、感じたことはありませんか?

人の良い面を見つけて付き合うのが良いといわれていますが、現実には欠点ばかり見えてしまうものです。
 
ではどう考えたらどうでしょう?

あなた自身はどうなのかを考えてみてはどうですか?わがままな対応をしていませんか?振る舞いや行動の一つ一つや発言はどうですか?

「私に限って、嫌われる人間じゃない」と言い切れないことに気がついたら、苦手意識を克服したも同然だと私は思います。人間は完璧ではないのです。

それに完璧に気づいた時、他人への苦手意識が薄れていき、上手に付き合える気持ちにシフトしていくのです。

長所と短所は紙一重ってどういうこと?

例えば、「私の長所はゆっくり丁寧に看護を提供すること」だとします。これは短所で言うと、「ゆっくり仕事をしていて、能率的ではない」と考える方も中にはいると思います。

なぜこの話しをしたいかと言うと、上記に「優しいんだけど、行動が荒いのよね」の場合だと、
「優しくて何事も一生懸命な人」と見方を変えてみるといかがですか?

見方を変えるだけで、苦手や嫌いという感情が軽減されると思います。相手の態度や性格を変えることは、基本的にはできません。でも、自分の見方を変えることはできますよね。是非やってみましょう!

相手を名前で呼ぶことが、仲良くなる必殺技ってどういうこと?

相手に話しかける会話の中に、名前を入れて話しをしていますか?

どういうことかというと、「この患者さんなんですが、○○さんはどう思うか相談なんです。」と言われたら、あなたはどう感じますか?

そうです。親しみを抱きやすく、答えてあげたいという気持ちになりやすいのではないでしょうか。

逆に、「この患者さんなんですが、どう思いますか。」といわれたら、あなたは「どうも思わないけど。何を聞きたいの?」というように、反発を受けるかもしれません。

名前を入れて会話をすることは、たとえ1対1の会話だとしても、私が選ばれたような感覚がありませんか?その結果、優越感や喜びを感じるんですよね。あなたにも、思い当たることがあると思います。

よく現場では、「助手さーーん!○○を取りに行ってください。」なんていう言葉をよく耳にします。
また医師からも、「看護師さん。介助についてもらっていいですか。」という言葉も聞かれます。

私としては、名前を呼ばないことに強い違和感を覚えます。上記の発言には、上下関係を感じずにはいられないのです。

医療スタッフはチームです。皆で協力しなければ、患者さんに素晴らしい医療を提供するなんてできません。 もし、名前で呼んでもらえたらどうですか?

「○○さーん!すいませんが、○○を取りに行ってもらってもよいですか。」
「○○さん。一緒に介助お願いしてもいいかな。」
このように言われれば、あまり嫌な気持ちにはなりませんよね?

苦手な人や嫌いな人と、深く付き合う必要は全くありませんが、ある程度上手に付き合うことは、社会人として大切なスキルです。あなたと相手、上手に付き合っていきましょう!




関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。