看護師に必要な基礎知識、スキルアップ、メンタルケア、コミュニケーション能力、考え方などを共有して、患者さんに適切な看護ケアを提供できるようにするブログになります。

抗血栓薬を飲んでいる患者さんの内視鏡。何が危険?

1088aa09e641e2c43523e6049a839d34_s

 

今回は「抗血栓薬を飲んでいる患者さんの内視鏡。何が危険なのか」について記載していきますね。

 

あなたは、内視鏡検査をする患者さんの看護を行ったことがありますか?

 

内視鏡検査は処置をする時には、必ず抗血栓薬の有無を確認しますよね。

 

なぜ、確認するのでしょうか。

 

抗血栓薬というのは、血をサラサラにする力を持っています。

 

つまり、出血しやすい状態に意図的に作り上げていることを意味します。

 

抗血栓薬を内服している患者さんは、心筋梗塞や脳梗塞など、血管が詰まってしまった既往歴があり、予防するために内服しています。

 

日常生活を送る上で、他に疾患がなく処置をする必要性がない場合には、有効的な抗血栓薬ですが、処置をする際には、出血というリスクが常に伴います。

 

では、内視鏡検査をする時に、抗血栓薬は止めるべき?抗血栓薬を中止。看護師が観察すべきポイントは?消化管出血のリスクがある患者さん。看護師が観察すべきポイントは?解説していきましょう!

 


 

内視鏡検査をする時に、抗血栓薬は止めるべき?

 

消化器の医師が、抗血栓薬を中止する場合もありますし、しない場合もあります。

 

何を基準に中止の有無を決めているのでしょうか。

 

結論から言うと、抗血栓薬を内服している理由になります。

 

例えば、心筋梗塞や脳梗塞のリスクが高い患者さんが、抗血栓薬を休薬して、内視鏡検査を行うとして、リスクが高いのはどちらになるのか?

 

ここがポイントになります。

 

休薬期間中に、心筋梗塞や脳梗塞を起こした場合、生命が危険な状態になるリスクが高いですよね。

 

その場合には、休薬しないで内視鏡検査を行ったほうが良いと判断されるのです。

 

ただし、内視鏡で何を行うのかというのが、重要になります。

 

内視鏡といっても、

 

・胃カメラや大腸カメラで消化管の観察

・粘膜の生検を行う

・内視鏡的粘膜剥離術などの処置を行う

 

というように、内視鏡と一言で言っても、何をするのかによって、出血のリスクは大きく異なります。

 

当然、内視鏡で何か処置をするということは、出血のリスクが高まります。

 

じゃあ、抗血栓薬も止められない、内視鏡処置も必要となった場合には、どうしたらよいでしょうか。

 

その場合には、内服による抗血栓薬を休薬し、ヘパリンの持続点滴投与に切り替えるのが一般的になります。

 

ヘパリンを適切な量で持続投与することで、血をサラサラの状態に維持することができ、ヘパリンを止めると数時間で効果が消えるので、処置も行えるということになります。

 

なので、患者さんの状態によって、適切な方法が選択されていくのですね。

 

抗血栓薬を中止。看護師が観察すべきポイントは?

 

抗血栓薬を中止している場合には、元々内服していた理由を必ず把握することが大切です。

 

心筋梗塞が既往歴にあり、抗血栓薬を内服していた場合には、

 

・胸痛

・バイタルサインの変動

・呼吸苦

 

などを観察していく必要があります。

 

脳梗塞の場合だと、

 

・麻痺症状の有無

・意識レベルの変動

・バイタルサインの変動

 

などを観察していく必要があります。

 

つまり、消化器疾患以外にも、元々の既往歴に対しての観察が必須となります。

 

それ以外にも、抗血栓薬を休薬するということは、当然凝固しやすい状態になります。

 

つまり、健康な人と比較すると、血栓ができやすい状況を作り出すので、深部静脈血栓症を疑う症状がないか、観察していく必要も出てきます。

 

実際の臨床現場で、抗血栓薬を休薬していた患者さんが、脳梗塞を起こした事例があるので、異常の早期発見ができるように、日々観察していくことが大切です。

 

消化管出血のリスクがある患者さん。看護師が観察すべきポイントは?

 

抗血栓薬投与中の患者さんは、消化管出血のリスクが通常より高いです。

 

内視鏡処置中に、明らかな出血があれば止血処置を当然行いますが、徐々に出血をする場合もあります。

 

ポイントとしては、消化管出血時の観察点を理解しておく必要があります。

 

・上部消化管出血時には、黒色便

・下部消化管出血時には、血便

・バイタルサインの変動

・動悸、冷汗

 

といった症状が出てきます。

 

入院中であれば、上記の観察を行い、早急に止血処置を行う場合もあります。

 

消化器内科病棟、救急外来に所属していた時に、大腸ポリペクトミーを行った患者さんが退院後に出血をし、緊急で止血処置を行った事例を見たことがありました。

 

大事なことは、100%な処置はないので、患者さんに出血をした時の症状を説明することが重要になります。

 

医療機関に早急に受診することは、重症化するのを防ぐことになります。

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

今回は抗血栓薬と内視鏡のリスクについて書きました。

 

ポイントは、

 

・抗血栓薬を内服している患者さんのリスクを理解すること

・内視鏡処置のリスクを理解すること

 

となります。

 

消化器疾患に対して観察していくことは、もちろん大切です。

 

ですが、抗血栓薬を内服している患者さんは、心筋梗塞や脳梗塞など、大きな疾患を経験している場合が多いです。

 

どちらも合わせて、トータルで患者さんを看護していくことが大切になります。

 

そのためには、正しい知識が必要になります。

 

患者さんが、今どのような状態なのかを正しく把握することで、異常の早期発見につながり、患者さんの安全を守ることにつながります。

 





 

 

 

 

看護師とお金、転職事情について興味ありませんか?

 

「もっとお金が欲しい。」

「職場の環境が・・・」

「もっと自由に働きたい。」

「時間のコントロールをしたい。」

 

このように思う方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

看護師とお金、転職について考えてみる

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。