看護師に必要な基礎知識、スキルアップ、メンタルケア、コミュニケーション能力、考え方などを共有して、患者さんに適切な看護ケアを提供できるようにするブログになります。

看護の力が成長する、一連の過程とは?

今回は「看護の力が成長する過程」について解説していきますね。

看護師をしている皆さんは、どのようにあなた自身、成長したか説明できますか?

このような質問をされたほとんどの方は、「気がついたらベテランといわれるようになった。」「毎日勉強していたからかな。」というように、どのように看護の力を育まれてきたのか、ボヤーっとした答えをする方が圧倒的に多いです。 

なぜでしょう?そもそも看護の力って、どのようにスキルアップしていくのでしょう?解説していきましょう!



看護師の学びのスタートはなに?

看護師は、専門学校や看護大学などで学び、国家試験の合格をして初めて専門職として働きます。では4月に働き始めた時には、何ができるでしょう?

ほとんど何もできません。社会人として、挨拶や遅刻をしないなどの一般常識程度しか行動できないのです。

一般的な知識や技術は、看護系の学校で習います。実践の場として、病院で実習も行います。しかしそれでは、臨床での実践力には結びつかないんですね。

では、臨床現場で通用するためにはどうしたらいいでしょう?

聴く、見る、行うという方法を新人看護師は行いますし、指導側もこれを実践していませんか?

これが学びのスタートになるんですね。あなたも経験があると思いますが、「これで2回目なんだから、自分で行うつもりで、やりましょう。」といわれたことがあると思います。

私もそうでしたが、なかなか覚えられないですよね(笑)

日々の看護実践から、学び方を学ぶ

日常の看護業務を通して、日々怒られることは多いでしょう。でも、一つ一つ確実に技術を覚えていきます。なぜ怒られるのかを考え、「なんで怒られたのだろう。」と考えるようになります。また(私もそうでしたが)、「怒られないためには、どうしたらいいだろう。」と考えるようにもなります。

怒られない=正しい技術の習得となるのです。

病棟や患者さんの状態に対して、教科書などで得た知識を使える知識に変えようと努力するのです。

目標とする先輩看護師の存在が、学びを加速させる

これが非常に重要なのではないでしょうか。上記に書いたように、学びのプロセスはある程度確立されていることが多いです。しかし、プリセプターや他のベテラン看護師の支援なしには、成長できません。

目標とする先輩看護師がいないと、毎日が辛いだけとなり、結果として辞めていってしまうと思うのです。なので、新人看護師に寄り添いやすいプリセプターという存在がいるんですね。

プリセプター以外にも、病棟全体で新人看護師を育てようという気持ち、温かい目で見てくれるスタッフが多い病棟は、やはり看護師として人間として成長できる可能性が高いと感じます。

文章にして書いてみると、看護の力を成長する、一連の過程がわかってくると思います。今でこそ冷静に分析できますが、当時は毎日怒られて給料をもらっているような感覚でした。

看護師は、患者さんの身近にいる存在です。看護師になりたての頃は辛いことも多いと思いますが、患者さんの笑顔が見られると、心がスーッとする感覚があります。

・看護師の経験が浅い方は、日々の看護実践を全力で頑張ること。
・ベテラン看護師は、温かい目と優しい気持ちをもって、新人看護師に接すること。

これが結果として、患者さんの安全・安楽につながっていくと私は思うのです。あなたはどう考えますか?




関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。