看護師に必要な基礎知識、スキルアップ、メンタルケア、コミュニケーション能力、考え方などを共有して、患者さんに適切な看護ケアを提供できるようにするブログになります。

表情や感情の理解は、看護師のメンタルヘルスを支える

6eb38e7c14f400d70b46b9c68ab5872e_s

 

今回は「表情や感情の理解は、看護師のメンタルヘルスを支える」について記載していきますね。

 

あなたは、患者さんや同僚とコミュニケーションを行う時、表情や感情を理解していますか?

 

コミュニケーションは、自分と患者さん、または同僚と良好な関係を築き上げるために、必要なツールですよね。

 

このコミュニケーションですが、感情や表情を把握できているでしょうか。

 

人間は、喜怒哀楽という感情を持っています。これを表現しようとして、表情がでますよね。

 

子供を見ていると、特に喜怒哀楽が明確に表現されているのではないでしょうか。

 

表情や感情を理解するということは、相手の精神症状を把握する材料となります。

 

看護の現場において、精神状態を理解することは、患者さんの病状の悪化を見抜く、また看護師自身のメンタルヘルスを支えることになります。

 

では、表情と感情とは何なのか?喜怒哀楽という感情は、健康にどのような影響があるの?感情に対して、どうアプローチすることが、メンタルヘルスを支えることになるの?解説していきましょう!

 


 

表情と感情とは何なのか?

 

「感情って何?」

 

こんな風に質問をされたら、どう答えますか?

 

なんとなくわかるような気がするけど、答えづらい、なんともいえない感覚があるのではないでしょうか。

 

感情とは、喜怒哀楽がありますよね。

 

喜怒哀楽で考えてみると、なんとなく感情について理解できるのではないでしょうか。

 

この感情を顔で表現するのが、表情となります。

 

表情を見ることで、

 

・喜んでいる

・怒っている

・哀しんでいる

・楽しんでいる

 

ということを認識できるようになります。

 

誰もが理解していることではありますが、こうして改めて文章で書いてみると、このように記載できますね。

 

喜怒哀楽という感情は、健康にどのような影響があるの?

 

では、喜怒哀楽という感情は、メンタルヘルスにどのような影響を与えるでしょうか。

 

ここでは、快と不快に分けて書いていきます。

 

快の状態である喜び、楽しいといった感情では、ストレスに対する強さ(つまり耐性がつく)が高まるといわれています。

 

また、“笑うと免疫力が高まる”と聞いたことがありますが、まさに免疫力を高める効果もあるといわれています。

 

喜び、楽しいことを行っている時には、ストレスによって胃を痛めることはないですよね。

 

その後に、不快な出来事が多少あったとしても、乗り切れた経験は誰もがあるのではないでしょうか。

 

それは、ストレスに対して耐性がついているので、自然と対応できる力が高まっていることを意味しています。

 

逆に、不快である怒りや哀しみといった負の感情が続くと、精神的に疲弊していきます。

 

これが続くと、うつ病などの精神症状を発症してしまい、対人関係がうまくいかなくなっていきます。

 

なので、感情に対して上手に付き合っていくことが求められているのですね。

 

感情に対して、どうアプローチすることが、メンタルヘルスを支えることになるの?

 

じゃあ、実際に感情に対してどのようにアプローチすると良いのでしょうか。

 

“嫌なことに対して避ける”回避行動について説明しますね。

 

誰にでも嫌な上司や同僚などって、人間関係を築き上げていく上で、必ずいますよね。

 

これは、ネガティブな感情を受けないようにするために行動すると、考えられています。

 

といっても、避けられない状況もたくさんありますよね。

 

そして、ストレスを受け続けると、燃え尽き症候群を引き起こして、離職につながってしまうのです。

 

では、どうするか。

 

“感情を受け流す”という方法が一つあります。

 

どういうことかというと、否定的感情を引き起こす原因は、評価をすることで発生します。

 

逆に言うと、評価をしなければ否定的感情は生まれないということになります。

 

例えば、上司や同僚に注意をされて、家に帰ってから思い返すと、

 

「なぜ、怒られたのだろう。なんで、あんな嫌なことをされたのだろう。」

 

というように、否定的感情を増幅させてしまうことがあります。

 

振り返ること事態、悪いことではないのですが、否定的感情と向き合い続けると、精神的負担が強くなることは、容易に予想できます。

 

本を見てみると、色々な方法が紹介されています。

 

一つ一つ紹介すると、膨大な量になるので考え方について記載しました。

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

人間の感情というのは、実に複雑です。

 

感情と向き合うことで成長することにつながりますが、向き合いすぎると否定的感情に疲れてしまうこともあります。

 

ワークライフバランスという言葉がありますが、仕事もプライベートも、バランスが大切なのではないかと、いつも感じます。

 

自分自身が健康でなければ、当然患者さんに適切なケアを提供することは難しくなりますよね。

 

自分自身のメンタルヘルス、大切にしていきましょう。

 





 

 

 

 

看護師とお金、転職事情について興味ありませんか?

 

「もっとお金が欲しい。」

「職場の環境が・・・」

「もっと自由に働きたい。」

「時間のコントロールをしたい。」

 

このように思う方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

看護師とお金、転職について考えてみる

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。