看護師に必要な基礎知識、スキルアップ、メンタルケア、コミュニケーション能力、考え方などを共有して、患者さんに適切な看護ケアを提供できるようにするブログになります。

ストレスによるメンタルヘルス不調。健康を維持するには

3a5bfc9ea47a9494e1972371494c5253_s

 

今回は「心身ともに健康で適切な看護ケアを提供するには、どうするか」について記載していきますね。

 

あなたは、健康な毎日を過ごすことができていますか?

 

多くの方は、看護という仕事、プライベートにおいて、ストレスを感じる場面が必ずあります。

 

どの仕事にも言えることですが、人を相手にする仕事は、人一倍に気を使います。

 

看護師の離職率が高い原因の一つとしては、ストレスによるメンタルヘルス不調になります。

 

メンタルヘルス不調を起こさないためには、ストレスと上手に付き合っていく必要があります。

 

では、自分自身の心の電池をチェックするためには?そもそもストレスってなんだろう?ストレスを感じたら、どう行動すると良い?解説していきましょう!

 


 

自分自身の心の電池をチェックするためには?

 

心の電池という風に考えてみると、イメージしやすいのではないでしょうか。

 

イメージとしては、

 

・様々なストレスを受けると、それに対応しようとしてエネルギーを消費する

・楽しいこと、健康を維持することは、心の充電をする

 

こんな感じだと、わかりやすいと思います。

 

よく疲れている人を見かけると、

 

「少し羽を伸ばしてきたらいいよ。」

 

というような言葉を耳にしますが、まさに自分自身の楽しいことを行ってもらい、心の充電を促していることになりますね。

 

では、あなたの心の電池は、どうでしょうか。

 

例えば、心の電池消費が多い方は、

 

・不眠が続いている

・感情が不安定で、いらいらする、悲しくなる

・痛みや吐き気など、身体症状が見られる

・人と関わるのが辛い

 

というような症状が、出現してきます。

 

あまりにも長期間続くと、精神疾患を発症させてしまう恐れがあるので、受診をする必要が出てきます。

 

逆に、心の充電をしている方は、

 

・睡眠がしっかり確保されている

・人間関係にトラブルがなく、毎日が楽しい

・身体症状や精神症状はなく、健康

・楽しいことやわくわくすることを行うことができている

 

というように、毎日を楽しんでいるような状態になります。

 

そもそもストレスってなんだろう?

 

ストレス社会と言われている現代ですが、ストレスとはなんでしょう。

 

ストレスとは、何らかの刺激を与えるものとされています。

 

ということは、必ずしも

 

ストレス=悪い

 

ということにはならないのです。

 

ストレスのイメージとしては、

 

・人間関係のトラブル

・家族が、ケガをした

・病気になった

 

という負のイメージですよね。

 

これらがストレスの全てではなくて、

 

・看護ケアで、患者さんに喜んでもらった

・趣味をやり始めた

・結婚した

 

というように、良いストレスというのもあります。

 

例えば、仕事でほめられたことがあれば、誰でも嬉しいですよね。

 

嬉しい気持ちが強くなると、もっと頑張ろうとします。

 

その結果、疲労が蓄積して体調不良を起こす場合もあります。

 

なので、何のストレスなのか、自分自身で理解していることが大切です。

 

負のストレスは感じやすいですが、良いストレスは、意識しないと気づかない場合も多いです。

 

もし、気づくことができれば、

 

「ストレスを受ける環境にいるから、気をつけて行動しよう。」

 

と感じることができるようになります。

 

ストレスを感じたら、どう行動すると良い?

 

実際にストレスを感じたら、どのように行動することが大切でしょうか。

 

基本的な考え方は、ストレスとなっているものから、遠ざけるようにします。

 

これは、ほとんどの方が実践していると思います。

 

例えば、人間関係でストレスを感じている場合、

 

・休憩中は別な場所で過ごす

・人間関係でトラブルとなっている人を、なるべく遠ざけるように行動する

 

こんな風に、対応していませんか。

 

ただ、これだけではストレスのレベルによって、対処しきれない場合も多いです。

 

ストレスを感じ始めた頃、あなたの身体はどうでしょうか。

 

もし、身体の疲れがあるのであれば、休息をとることを最重要としてみましょう。

 

身体と心は、同じように反応するといわれているので、片方が疲れてしまうと、もう片方も疲れていってしまうのです。

 

なので、“心身ともに健康であることが大切”といわれているのですね。

 

心の電池消費を少なくして、充電できるように対応するためには、

 

「○○しなければいけない。」

 

ではなくて、

 

「○○したい。」

 

と考えていくようにしましょう。

 

しなければいけないという考え方は、弱っている心の電池消費をさらに加速させるような行為です。

 

したいと思えることは、楽しいことですよね。

 

「したいと思うことは、何もないんです。」

 

という声が聞こえてきそうですが、なんでもいいんです。

 

「今日は休みだから、思いっきり寝る!」

「普段はいかないけど、今日は外食してリッチに過ごす!」

 

というように、自分が嬉しい、楽しいと思えることを実行していくことが大事です。

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

ストレスは、日々の生活で受けることが多いです。

 

不意にストレスを受けることも多いです。

 

対応しきれないこともあるでしょう。

 

私自身も、強いストレスを受けたこともありました。

 

強いストレスを受けた時、混乱をして、否定的な考え方に陥りがちです。

 

自分自身で対応しきれない場合には、信頼できる友人、家族に相談をしていきましょう。

 

質の高い看護ケアを提供するためには、看護師自身の健康が大切です。





 

 

 

 

看護師とお金、転職事情について興味ありませんか?

 

「もっとお金が欲しい。」

「職場の環境が・・・」

「もっと自由に働きたい。」

「時間のコントロールをしたい。」

 

このように思う方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

看護師とお金、転職について考えてみる

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。