看護師に必要な基礎知識、スキルアップ、メンタルケア、コミュニケーション能力、考え方などを共有して、患者さんに適切な看護ケアを提供できるようにするブログになります。

看護師が、初対面で好感を持ってもらうためには?

今回は「看護師が、初対面で好感を持ってもらうためには」について記載していきますね。

人との関わりが圧倒的に多い看護師は、第一印象が非常に重要です。患者さんが、あなたに対して第一印象が悪いとどうなるでしょう?信頼関係を構築するのが難しくなり、看護ケアの提供もスムーズにいかない場合があります。

もちろん、第一印象で全てが決まるわけではありません。その後の対応によっては、良い関係性を作ることは十分にできます。

しかしながら、信頼関係を築きやすい方が、お互いにとってメリットは大きいですよね?

では、第一印象をよくするためには、どのように行動したらよいでしょう?どのような点に気をつけていくとよいでしょう?解説していきますね!



口角を上げるだけで、表情が華やかになる?

口角を上げるだけで、表情が2倍も3倍も明るくなるんです。

今、この記事を読んでいるあなたは、恐らく無表情に近い状態でしょう。その状態で、口角をキュッと上げてみてください。表情が明るいと思いませんか?

看護師の仕事には、イライラすることやクレーム対応が多いのが現状です。電話対応の時も、口角を上げて話してみましょう。クレーム対応の時も、イライラすると思いますが、口角をあげてみましょう。不思議と声が柔らかい印象になり、相手に不快に思わせることが少なくなると思います。

元気よく、明るく歩くように心がけると?

病院でよくある歩き方は、腰を落として背中を丸めて、膝頭を前に出すような歩き方です。あなたも足音で「ペタペタペタ」という音を聞いたことはありませんか?

この音は、静かに休もうとしている患者さんにとっては、不快な騒音となるのです。また、印象も良くないですよね。疲れているような印象にとられてしまい、声もかけづらいです。こんな状態だと、第一印象が悪くなるのは当然ではないかと思います。

元気よく、明るく歩くというように気持ちを持つだけで、治すことはできると思います。元気よく歩くことは、自分自身にも「よし!今日も頑張るぞ!」というような前向きな気持ちにしてくれます。それを見た患者さんも、「この看護師さんなら、信頼ができそう。相談 してみようかな。」となるのです。

会話上手は、聞き出し上手?

看護師は、患者さんに症状を観察し、聞いていきます。癌の患者さんや慢性期の病気を抱えている患者さんの場合には、本当の想いを聞く場面があると思います。

その時に、聞くことができるかできないかは、印象が良くないといけませんし、好かれる聞き上手になる必要があると考えます。聞き上手になるためには、

・うなずく

話しをしている相手の目を見ながら、話の合間に「うなずき」を入れてみます。「真剣に相手の話しを聞いている」ということを伝えることができます。

・乗り出す

興味のある話しって、自然と身を乗り出して話しを聞くことが多いんですね。逆に興味がない場合は、イスにもたれるようにして聞く姿勢になる、つまり自然と相手との距離ができるんです。そのため、少し前に身を乗り出すように、話しを聞くことで「話しを聞こうとしている。」ということを伝えることができます。

・メモを取る

メモを取るということは、相手の話しを聞こうとする行動の表れと考えてよいでしょう。「しっかり私の話しを聞いている」ということを伝えることができます。

人の話しを聞き、相手の気持ちを理解してから話すので、自然と話し上手になるんですね。「私は話すことが苦手」という人は、まず相手の気持ちを理解するという気持ちで、行動してみましょう。その行動こそが、第一印象を良くして、その後の信頼関係を強固なものにしていきます。

第一印象は、ほんの数秒で決まる?どう行動したら良い?

初対面の人で、相手を判断する時間は「7秒」って言われているんです。

びっくりした方は、多いのではないでしょうか?

「7秒で、どう相手に伝えたらよいの?」という疑問が出てくると思います。
ここで、重要なのが非言語的コミュニケーションとなります。

言語的コミュニケーションは、会話で成り立ちます。しかし、7秒ではほとんど相手に伝えることができません。
非言語的コミュニケーションは、言葉を使用せずにやり取りができる能力です。

具体的には、

・見た目
・表情
・しぐさ
・話し方
・リズム

これらが影響してくるんですね。初対面で判断する基準は、

視覚55%、聴覚38%、話の内容7%って言われているそうです。

つまり、見た目と話し方さえクリアできれば、第一印象は良いことになりますよね。

 
看護師にとって、初対面で好感を持ってもらうことは、患者さんに看護を提供する上で大変重要ですね。今まで記載した内容を気をつけていくことで、今日からあなたの印象も変わるかもしれません。

嫌われるより好かれるほうが、いいですよね。意識することで、改善できることがたくさんあります。私自身も意識しないと、悪い部分がたくさんあります。お互い意識し合い、第一印象が良くなるように頑張りましょう!




関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。