看護師に必要な基礎知識、スキルアップ、メンタルケア、コミュニケーション能力、考え方などを共有して、患者さんに適切な看護ケアを提供できるようにするブログになります。

看護師と看護助手さんの良好な協働をするためには

今回は「看護師と看護助手さんの良好な協働」について記載していきますね。

日本の高齢社会や在院日数の短縮などが影響し、急性期病院での医療職の業務が増加傾向です。当然、医療職である看護業務もさらに煩雑化しています。

つまり看護師は、日常生活援助や専門的な看護業務を行うという状況なのです。これを緩和するためには、看護助手さんの存在が大きいです。

看護師が、専門的な処置に専念できるように、日常生活援助の一部を担ってもらい、看護業務の効率化を目指します。 

では、 看護助手さんの業務ってなに?看護師の専門的な処置ってなに?看護助手さんのこと、あなたはどのように考えていますか?解説していきましょう!



看護助手さんの業務ってどんなことがあるの?

「看護が提供される場で、看護チームの一員として、看護の専門的判断がいらない療養上の世話業務および診療補助に係る周辺業務」っていうように言われています。

抽象的なので、具体的にしていきましょう。

・ベッドメーキング
・院内の物品の補充、運搬
・患者さんを検査室に移送

これらが一般的な病棟となります。私が、以前勤務していた消化器内科病棟でも、このような業務をしていたと記憶しています。

しかし、病棟の特殊性によって、様々な業務の拡大があることが、今いる慢性期病棟で感じました。

上記以外に、

・おむつ交換
・体位交換
・食事介助
・入浴介助 
・車椅子の移乗

など、様々な日常生活援助を行ってもらっています。

看護業務が、どれだけ多い業務であるか理解できるでしょう。 

看護師の専門的業務ってなにがあるの?

看護の専門的判断や、各々の医療処置が該当します。

看護の専門的判断とは、患者さん一人一人の疾患やADLに合わせて、適切な看護を提供できるようにアセスメントをすることですね。

医療処置とは、点滴や尿道カテーテル、胃管挿入、そして医師の診療の介助などが該当します。

看護師にしかできないこと、看護師以外でもできること、これらを区別しながら看護業務を行うことが、結果として患者さんに良い医療を提供できることになります。

看護助手さんについて、あなたはどう考えていますか?

私が最初に働いていた消化器内科病棟では、「助手さーん!○○についてお願いー。」

こんなフレーズをよく耳にしました。あなたは、どのように看護助手さんを見ていますか?
これは私だけなのかもしれませんが、この言葉、あまり好きではないんですね。
あまりじゃないですね。正直嫌いです。
 
なぜでしょう?

「看護師さーん。○○についてお願いー。」

こんな風に言われたことってありますか?

恐らくあまりないと思います。
「○○さーん。△△についてお願いー。」

というように、名前で呼ばれていることがほとんどだと思います。 

そうなんです。看護師に対しては名前で呼ぶのに、看護助手さんに対しては助手さん。
おかしいですよね?看護助手さんに対しても、名前で呼ぶべきですし、当然だと思います。

これは私の感覚ですが、助手さんと呼ぶと、自分より下に見ているような、何か妙な感覚がするのです。

基本的に私は、人を下に見たことがありません。対等もしくは尊敬するように見るべきだと思います。
なので、必ず名前で呼ぶようにしています。

名前で呼ばれている時と、助手さんというように複数の人が反応するような言葉、どちらが気持ちよく仕事ができると思いますか?

私は、100%名前で呼んでもらうほうが、気持ちよくお互いが仕事ができると確信しています。

看護師と看護助手さんの良好な協働をするためには?

上記のように、看護師には様々な看護業務があります。これを看護助手さんに一部手伝ってもらいながら、行っています。

つまり、どちらか一方のみでは成り立たないのです。まさに、チーム医療といってよいでしょう。

こんな関係性があると思うので、私は対等の立場で考えています。

看護師にしかできない、専門的な業務は確かにあります。でも、看護師だけでは不足している業務は、たくさんあります。

今働いている慢性期病棟では、おむつ交換や陰部洗浄、食事介助など、日常生活援助を必要としている患者さんが、8~9割います。これを看護師だけで行うことは、厳しい状態なので、看護助手さんにも積極的に手伝ってもらっています。

お互いに協力し合う体制が出来上がっているので、看護師と看護助手さんとの間で、「あの看護師は・・・」とか、「助手さんは本当に○○だよね。」という言葉を一度も聞いたことがありません。

「今日も忙しかったですねー。明日も頑張りましょうね!」なんていう言葉をいいながら、笑いながら仕事をしていることが多いです。気持ちよく仕事ができれば、結果として患者さんにも良い医療を提供できますよね。




関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。