看護師に必要な基礎知識、スキルアップ、メンタルケア、コミュニケーション能力、考え方などを共有して、患者さんに適切な看護ケアを提供できるようにするブログになります。

看護師は、DNARの意味を正しく理解することが必要

9bd72d74714b2fa833687925eed0f1ff_s

 

今回は「DNARの意味を正しく理解できているか」について記載していきますね。

 

あなたは、DNARである患者さんに、どのような看護を提供していますか?

 

終末期の医療を提供する時に、看護師間で

 

「DNARはとられているの?」

 

というワードをよく耳にします。

 

これは、急変時に心肺蘇生(CPR)を間違って行ってしまうことを防ぎ、これ以上本人に苦痛を与えないという考え方のためです。

 

DNARという言葉を聞いたとき、看護師としてどのように看護を提供しようと思いますか?

 

DNARという言葉の意味を誤解しているやり取りが多いので、正しく覚えていきましょう。

 

では、

 

DNAR=治療を行わない?

DNAR=緩和医療にシフトする?

DNARがあった場合、看護師は患者さんや家族にどう関わっていくことが大切?

 

解説していきましょう!

 

DNAR=治療を行わない?

 

看護師間の会話で、DNARである患者さんに対して、

 

「DNARなのに、なぜ輸血をするの?」

「DNARだから、病状が悪化しても何もしないんだよね。」

 

というように、DNARについて誤った理解をしている言動があります。

 

DNARの本来の意味は、

 

“No CPR”

 

となります。

 

つまり、心肺蘇生を行わないという指示になります。

 

日々の会話で聞こえてくるDNARは、

 

“No Treatment”

 

の意味となり、治療をしないことになります。

 

DNARは、心肺蘇生を行わないということなので、治療をしないわけではないのを、まず覚えておいてください。

 

これを理解した上で、DNARの現状について書きますね。

 

現状として、DNARで治療が差し控えられている状況にあります。

 

本来であれば、心肺蘇生に該当する胸骨圧迫、除細動器を使用しないというのが、DNAR指示になります。

 

ですが、

 

・血液製剤の使用

・昇圧剤の使用

・画像検査

・抗菌薬の使用

 

というような治療に関する内容も、差し控えている現状が日々の看護業務を行う上で、見えてきます。

 

この治療を差し控える考え方の背景としては、

 

「DNARだから、これ以上の信襲的な処置はしない」

 

というような考え方があるからかもしれません。

 

治療をするということは、メリットもあれば当然デメリットもあるわけです。

 

DNARの指示が出たタイミング、患者さんや家族の背景、病状の有無、医療者と患者さん、家族の意向など、総合的な判断が求められるので、

 

“心肺蘇生を行わない”

 

という、本来のDNARの意味のみだけでは、なかなか説明ができない部分は確かにあります。

 

看護師の立場として考えておきたいことは、本来のDNARの意味を理解した上で、必要な処置を提供していくことが求められるのではないかと考えます。

 

DNAR=緩和医療にシフトする?

 

「DNARだから、緩和医療にシフトだね。」

 

こんな風に考えたことはないでしょうか。

 

DNARの本来の意味を考えると、ちょっと不自然に感じませんか。

 

本来の意味は、先に述べたように

 

“No CPR”

 

なのです。

 

では、なぜこのような考え方が生まれたのでしょうか。

 

過去に、治療手段がない状態にいる患者さんに対して、

 

“緩和ケアへ切り替える”

 

という考え方が、基本とされる時代がありました。

 

これが今でも定着しているので、緩和医療の誤解があるのではないかと考えます。

 

本来、WHOが出した緩和ケアの定義は、

 

「緩和医療とは、治療と並行して苦痛を緩和することを目的とする」

 

というように言われています。

 

つまり、

 

DNAR=緩和医療

 

ではなくて、

 

治療中に緩和医療も介入したほうが良いと診断された時からになります。

 

一昔前よりは、

 

終末期=緩和医療

 

という考え方は減ったと感じます。

 

ですが、臨床現場で看護師として働いていると、

 

「緩和ケアということは、もう何も治療をしてくれないんですか?」

 

という本人や家族からの訴えは、まだまだ多いと感じるのも事実です。

 

看護師として、誤解がないように一人一人の患者さんや家族に丁寧に説明していくことが大切だと強く感じます。

 

DNARがあった場合、看護師は患者さんや家族にどう関わっていくことが大切?

 

DNARと一言でいっても、色々な場面があります。

 

・前回入院時にDNARとなった

 

・寿命より早い段階でのDNAR

 

・急変時、家族へDNARの確認

 

というように、患者さんや家族の状況は、毎回違います。

 

看護師としてDNARがある患者さん、家族との対応は、ケースバイケースとなります。

 

今まで書いてきたように、

 

“DNARは治療をしない”

 

ということではないので、看護師としては、患者さんや家族の苦痛を取り除くために、最善の看護ケアを提供することに違いはありません。

 

ただ、多くの場合、DNARの確認は家族にされる場合が多いのが現状です。

 

急変した時に、本人の意思確認ができない場合が多いからです。

 

なので、家族が抱え込んでしまう事例も見たことがあります。

 

看護師として大事なのは、今、その家族が何を想い、悩み、困っているのかなどを傾聴して、少しでも苦痛を軽減できるように関わることです。

 

患者さんの病状を看護師として伝えられる範囲で詳しく伝えることが大事な場合もあります。

 

家族の受け止め方、患者さんの考え方に配慮して、最善と思われる方法を一緒に看護師が考えることは、間違いない視点です。

 

DNARがある場合の、看護師の基本的行動は、

 

患者さんの症状や苦悩、家族の苦悩を理解し、緩和できるように関わること

 

これが、大事な視点の一つではないかと考えます。

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

臨床現場での看護師の役割というのは、多岐に渡ります。

 

急性期の患者さん対応、慢性期の患者さん対応、終末期の患者さん対応というように、患者さんの状況も違います。

 

日中で、上記に挙げた患者さんを全て1日で受け持ったこともありました。

 

看護師として大事なのは、

 

その患者さんに合わせて最善と思われる対応をすること

 

これが大事だと思います。

 

当たり前と思うかもしれませんが、日々忙しい看護の現場では、なかなか気持ちの切り替えというのは難しいものです。

 

症状だけを聞いて、広く浅く関わる場面も決して少なくありません。

 

だからこそ、意識をして関わる必要があるのではないかと思います。

 

最近感じるのは、知識や経験、思考、行動が上手く混ざり合って、質の高い看護ができるのだと考えます。

 

一つ一つの知識をつけて、良い看護を提供できるようにしていきましょう。

Flj

Facebooky[W

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

友だち追加

Facebookページ

フェイスブックページ