看護師に必要な基礎知識、スキルアップ、メンタルケア、コミュニケーション能力、考え方などを共有して、患者さんに適切な看護ケアを提供できるようにするブログになります。

酸素療法、看護師として正しく理解していますか?

ffec7ba9b0a9531d7f94adeaa1e16501_s

 

今回は「酸素療法の正しい知識」について記載していきますね。

 

健康な人は、空気を吸い込んで酸素を維持していますよね。

 

酸素療法というのは、肺疾患や様々な重症疾患に使用されます。

 

医師から、

 

「とりあえず、酸素2リットルからスタートして、SPO2が90%以上をキープできないようであれば、酸素を上げて調節して。」

 

 

というような酸素指示を、よく見かけます。

 

そんな酸素ですが、メリットもあれば当然デメリットもあるわけです。

 

正しい酸素療法の知識を持たないと、患者さんの症状を悪化させてしまうことにもなりかねません。

 

 

では、

 

・酸素療法の基本。低流量システムとは?使い分けは?

 

・SPO2に頼りすぎてはだめ?呼吸状態も一緒に観察することが大事?

 

・SPO2が90%以下でも、COPD患者さんには酸素を使用しない意味

 

解説していきましょう!

 

 

酸素療法の基本。低流量システムとは?使い分けは?

 

低流量システムと高流量システムという言葉を聞いたことはあるでしょうか。

 

簡単にわかりやすく書くと、

 

 

・低流量システム=酸素濃度をある程度コントロールできる、中等度までの患者さん

 

・高流量システム=重症な低酸素症を起こしている患者さん

 

というように、大きく分けることができます。

 

 

「じゃあ、臨床現場でよく見かける低流量システムの酸素は、何リットルまで可能なの?」

 

こんな疑問が出てきますよね。

 

低流量システムといっても、酸素量によって

 

・経鼻カニューレ(酸素1~5リットル)

 

・オキシマスク(酸素1~15リットル)

 

・リザーバーマスク(酸素6~15リットル)

 

 

というように、患者さんの状態によって、使う製品は変わってきます。

 

最初に書いた酸素2リットル開始の場合には、経鼻カニューレからスタートするのが一般的ですね。

 

経鼻カニューレで酸素を使用しても、目標のSPO2を維持できない場合には、酸素4~5リットルを目安にオキシマスクに変更していきます。

 

それでもだめなら、リザーバーマスクに変更をし、酸素流量を上げていく流れになります。

 

「経鼻カニューレで、酸素流量をどんどんあげてもいいんじゃないの?」

 

 

というような、疑問を持つ方ももしかしたら、いるかもしれません。

 

なぜ、使用する製品を変える必要があるのかというと、

 

 

“患者さんの吸気流量”

 

これがポイントになります。

 

どれだけ酸素流量をあげていったとしても、患者さんが酸素を取り込めなければ意味がないですよね。

 

なので、マスクの中でも、オキシマスクとリザーバーマスクというように製品が違うのです。

 

リザーバーマスクであれば、高い酸素濃度を維持することが、より可能になります。

 

 

SPO2に頼りすぎてはだめ?呼吸状態も一緒に観察することが大事?

 

SPO2を測定していて、98%というように良い数字が出たら、安心していませんか。

 

SPO2というのは、ヘモグロビンが酸素を運搬している割合を示したものになります。

 

ということは、貧血の患者さんの場合、どうでしょうか。

 

貧血ということは、ヘモグロビンの量が少ないということになります。

 

 

つまり、全身に運ばれる酸素の量は、少ないということになりますよね。

 

SPO2が保たれていたとしても、低酸素症に陥るリスクはあるという知識は必要になります。

 

また臨床症状で例をあげると、四肢の末梢が冷たい場合、どうでしょうか。

 

SPO2=85%

SPO2=94%

 

というように、表示がバラバラになることがあります。

 

つまり、SPO2の値を信用できないということも、十分にありえます。

 

特に全身状態が悪い患者さんの場合には、このような末梢冷感が強く測定不可という状況によく遭遇します。

 

 

大事なのは、SPO2の値だけではなく、呼吸状態にも目を向けるという意識です。

 

あくまで、SPO2の値は、

 

“重要な目安の一つ”

 

 

というように、覚えておくのが良いでしょう。

 

 

SPO2が90%以下でも、COPD患者さんには酸素を使用しない意味

 

SPO2が低い場合でも、酸素流量をあげては危険な場合があります。

 

 

それが、COPD患者さんの場合になります。

 

健康な人の場合、血液の二酸化炭素を正常に維持するように働きます。

 

二酸化炭素が増えてくると、呼吸数を増やしていきます。

 

酸素も同じように、呼吸数を増やして酸素量を確保しようとします。

 

 

それに対して、COPD患者さんの場合、

 

酸素が優先的に反応して、同じように呼吸数を増やして酸素量を確保しようとします。

 

そして、酸素量が維持できると、呼吸数を減らすように指令を出します。

 

しかし、二酸化炭素が正常に機能していないので、蓄積したまま呼吸数が減ってしまうのです。

 

 

つまり、二酸化炭素を吐き出す力が弱く、酸素投与をすればするほど、二酸化炭素を蓄積してしまうという結果になります。

 

二酸化炭素が蓄積してしまうと、

 

・意識障害

 

・自発呼吸が低下

 

・呼吸停止

 

 

というように、病状が悪化してしまうことになります。

 

 

「じゃあ、酸素はどうしたらいいの?」

 

となりますよね。

 

ここが難しい部分になりますが、医師が血液ガスを定期的に測定して、

 

・PaO2

 

・PaCO2

 

のバランスを見ながら、酸素量を調節していくことになります。

 

 

これらから、SPO2が90%以下でも、酸素流量をあげない理由になるので覚えておきましょう

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

酸素療法は、様々な患者さんの病状に合わせて使用されています。

 

「SPO2の値が大丈夫だから、安定している。」

「SPO2が低いから、酸素量をすぐ上げよう。」

 

 

と考えるのではなくて、その患者さんがどういう状態で、今何をすべきかを知識と合わせながらアセスメントすることが大事になります。

 

一つ一つの知識を大切にして、臨床現場で活かせるようにしていきましょう。

Flj

Facebooky[W

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

友だち追加

Facebookページ

フェイスブックページ