看護師に必要な基礎知識、スキルアップ、メンタルケア、コミュニケーション能力、考え方などを共有して、患者さんに適切な看護ケアを提供できるようにするブログになります。

認知症のどんな症状があるのか、看護師は理解が必要

86487920e3acf3ed1dbc3059dc36afb1_s

 

今回は「認知症の様々な症状の理解」について記載していきますね。

 

あなたは、認知症患者さんの看護をしたことがありますか?

 

 

超高齢社会と言われている日本では、年々高齢者の数が増加しています。

 

厚生労働省の資料によると、2025年には認知症高齢者は700万人に達すると予想されています。

 

つまり、小学生よりも認知症高齢者が多い時代が来るということになります。

 

認知症と一言でいっても、様々な症状があります。

 

・レビー小体型認知症

 

・アルツハイマー病

 

・血管性認知症

 

 

というように、様々な病名がついています。

 

一人一人の患者さんの症状の出現が違うので、どんな症状が出ているのかを理解し、不足している部分に介入することが、看護師に求められます。

 

 

では、

 

・物忘れと言われている認知症。どんな症状があるの?

 

・認知症患者さんは、環境や周囲の対応一つで変化する?

 

・認知症とせん妄の関係性は?

 

 

解説していきましょう!

 

 

物忘れと言われている認知症。どんな症状があるの?

 

あなたは、認知症患者さんのイメージをどのように持っているでしょうか。

 

「物忘れが気になる。」

 

「物忘れが最近激しい。」

 

「物忘れが多くなってきた。」

 

 

というように、物忘れのイメージが強いのではないかと思います。

 

ただ、この物忘れが、

 

・ふとした時に起きた物忘れ

 

・年齢相応な物忘れ

 

・病気による物忘れ

 

 

というように、様々な意味を含んでいます。

 

この物忘れですが、もう少し深く症状を見ていくと、認知症患者さんの具体的な症状が見えてきます。いくつか書いてみましょう。

 

記憶障害

 

記憶というのは、

 

・覚える力

 

・覚えたものを維持する力

 

・維持した記憶を外に出す力

 

 

これらの構成で作り上げられています。

 

記憶障害というのは、この力のどこかが障害されていることを言います。

 

 

近時記憶障害

 

数分前の自分の言動を忘れてしまうことを言います。

 

「明日、買い物に言ってくる。」

「明日、出かけてくる。」

 

というような言葉を、連続して同じように話しているのを見かけたら、近時記憶障害があると判断してよいでしょう。

 

また、食事や内服をしたことなど、数分前に行動したことも忘れてしまうのが、特徴的です。

 

 

失見当識

 

日付や季節、時間などの見当識、今、自分がどこにいるのか、住んでいたのかなどが、わからなくなってしまう状態を言います。

 

症状が悪化してしまうと、自宅にいる状態で

 

「家に帰らないといけないんだ。」

 

というような発言が見られ、夜に徘徊するといった行動につながります。

 

 

この他にも、機能障害、注意障害、失語症など、様々な症状があります。

 

 

大事なのは、対象となる患者さんが、どんな症状が出ているのかを理解し、不足部分を補うように看護師が、介入することが必要になります。

 

 

認知症患者さんは、環境や周囲の対応一つで変化する?

 

認知症患者さんが入院をすると、環境の変化に慣れずに、様々な不穏症状が出現することがよくあります。

 

認知症患者さんの多くは、慣れた環境下で、

 

“自分で行う”

 

 

という能力は維持されています。

 

そのため、認知症患者さんに対して看護師の必要な配慮というのは、

 

“認知症患者さんの生活を知る”

 

 

ということが、重要なポイントになります。

 

「じゃあ、どうやって聞けばいいの?」

 

となりますが、いくつかポイントがあります。

 

 

・同居者はいるのか、外出は一人でできているのか

 

・家事や買い物は可能か

 

・内服管理、金銭管理はどうか

 

・趣味や日中、どんな活動をしているのか

 

 

というような情報を得ることで、その人の日常生活が少しずつ見えてきます。

 

趣味や日中の活動が少なければ、意欲低下が起きているのかもしれません。

 

内服や金銭管理が厳しそうであれば、認知症が悪化しているのかもしれないので、家族にいつ頃からなのかなど、詳しく聞き配慮が必要になります。

 

 

入院生活というのは、治療が優先的にならざるを得ないので、どうしても最低限の日常生活行動しか求められない状況になります。

 

普段の日常生活を理解し、看護師が意識をして普段から行っていることを促していくことが、認知症の悪化を防ぎ、能力を維持することにもつながります。

 

 

認知症とせん妄の関係性は?

 

せん妄の直接因子として、認知症は該当しています。

 

なので、認知症患者さんは、せん妄を起こしやすい状態ではあります。

 

ただ、

 

 

認知症=せん妄

 

ではないので、正しく見分けることが大事になります。

 

見分けるポイントとしては、

 

・せん妄の症状が、急激に出てきたのか

 

・入院前の患者さんと変化があるのか

 

 

という視点で見ていくと、判断しやすいと思います。

 

認知症患者さんが、不明瞭な言動や行動を元々していたのであれば、認知症の症状として判断していく一つの材料となります。

 

せん妄というのは、短い期間で

 

・明らかに雰囲気が変わった

 

・言動や行動が変化した

 

 

というときには、せん妄を疑わなければいけません。

 

 

「じゃあ、せん妄の原因を除去するには、どうしたらいいの。」

 

となりますが、これが一人一人の患者さんによって、原因が違うので難しいといえます。

 

薬剤の調整を行う場合もありますし、普段の日常生活と違うドレーン類の留置、睡眠などのせん妄の促進因子を、可能な範囲で除外するという方法もあります。

 

認知症患者さんの治療状況、本人の状態でうまくバランスをとって、進めていくのが必要となります。

 

 

なので、より正確な症状の把握を、看護師が求められているともいえます。

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

患者さんに一番近い存在が看護師なので、症状の変化を見つけやすいといえます。

 

早めに対処をすることが、認知症患者さんの入院生活を安全、安楽につながります。

 

 

大事な視点は、

 

・今、どんな認知症状が出ているのか

 

・症状は悪化していないのか

 

・数日以内に、急激に悪化した症状はないのか

 

 

という視点で見つつ、自分でできる日常生活行動を見守っていくことが大切です。

 

看護師として、一つ一つの知識を覚えていきましょう。

Flj

Facebooky[W

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

友だち追加

Facebookページ

フェイスブックページ