看護師に必要な基礎知識、スキルアップ、メンタルケア、コミュニケーション能力、考え方などを共有して、患者さんに適切な看護ケアを提供できるようにするブログになります。

新人看護師の気持ちを考えてみた

今回は「新人看護師の気持ち」について記載していきますね。

4月から新人看護師のプリセプターに、正式に決まりました。ということで、新人看護師の気持ちについて、考えていかなければいけないと思いました。

新人の頃は、実に様々なことに対して、悩みます。新人看護師の気持ちを考えずに、指導ばかりになっては、はっきりいって論外です。

では、新人看護師の気持ちって、なんだろう?何に戸惑ってしまうのだろう?直面する問題ってなんだろう?新人の悲哀ってなに?解説していきましょう!



新人看護師と看護学生は何が具体的に違うの?

新人看護師と看護学生に指導することは、かなり共通性が多いのは事実です。では、共通していない部分はどこになるでしょう?何が一番違うと思いますか?

大きな違いは、新人看護師は、お金をもらって看護を提供する立場です。看護学生の場合は、お金を払って勉強をしています。また資格を持っているか、持っていないかという違いもあります。

お金をもらって資格があるということは、当然、責任があるのです。この責任が、新人看護師を大きく悩まし、それが深刻になってしまうと、辞めてしまう事になります。

新人看護師が戸惑うリアリティショックとは?

私も含めてですが、ほぼ新人看護師は、リアリティショックを受けます。学生の時って、1患者を受け持つという体験をしてきていますよね。これが、臨床現場になると、突然大部屋を全員持つなど、複数人の患者さんを受け持たなければなりません。

すると、新人看護師にとっては、今まで経験したことがないので、当然戸惑うでしょう。そして、今までは1人の患者さんを対象に、看護を深めてきました。これを全員行うとなると、頭がパンクするのは当たり前です。

1人の患者さんの中で優先度を考えるのと、複数人の患者さんから優先度を考えるとなると、話しは変わります。今までやったことがないので、できなくて当然です。

で、周りの看護スタッフにしてみたら、「なんで、こんな軽症ばかりで見れないの?」となります。

でも、思い出してみてください。あなたは、新人看護師の時代に、複数人をいきなり見ることができましたか?

これは断言できます。100%無理です。なぜかというと、経験していないんですから。素人が、複数人をいきなり見ることができるはずがありません。これが、数年経つとなぜか記憶が薄れる人がいるので、不思議です。

新人看護師は、理想と現実のギャップに戸惑うことを、今一度思い出してみましょう。

・「学校で習ったことと違う。」
・「○○さんは、こういう風にやったらいいといわれたが、他の人に聞いたら別なことを言われた。」
・「こんなのは、私が目指していた看護じゃない。」

というように、様々なことを新人看護師は特に考えるんですね。

新人看護師が直面する問題は、役割遂行がうまくできないこと

学生の時は、患者さんにも学生だということを伝えているので、ある程度の要求までだったと思います。そして、学ぶというのが前提だったので、ある程度守られていました。

しかし、看護師という資格を持つということは、責任をもって患者さんに看護を提供しなければいけません。

患者さんは、新人だとかベテランだとか、気にしない方がたくさんいます。同じ給料をもらって働いている看護師というように見るのです。

なので、最低限の役割遂行ができないと、新人看護師は悩んでしまいます。 

新人の悲哀を思い出してみよう

「新人だから」という理由だけで、批難された経験はありますか?

私は、新人看護師の頃は、たくさんというほど浴びせられた記憶が今でもあります。

この、「今日は、新人が担当だったので」という言葉、聞いたことがありませんか?

この言葉は、私は使いません。だって、傷つくことがわかっているから。
確かに、観察不足や処置が間に合わないことは、新人看護師あるあるだと思います。でも、それが分かっているなら、周りがフォローすればいいだけだと思いませんか?

また、新人看護師でなくても、起こりうることってたくさんあります。でも、新人看護師が担当していると、なぜか「新人だったからねー。」ということになります。

私からしてみれば、「新人は関係ないでしょ。」といいたくなります。

周りのスタッフ全員が、新人看護師時代をしっかり自分の中にあれば、新人看護師は守られながら成長することができると思うのです。

新人看護師は、例え変だと思っていても、大抵の場合は、口に出して言うことができません。「すいませんでした。」というしかないのです。

こんな時に、「○○さんはちゃんとやっていたので、大丈夫だと思いますよ。」というように、守る一言があると、新人看護師は、嬉しいのです。

認めるところは認めて、修正すべきところは、しっかり指導する。否定ばかりしている場面を良く見ますが、私からしてみたら、「そんなのできなくて当たり前。どのレベルの水準を求めているのだろう。」と思ってしまいます。

新人看護師のまず目指すべきレベルは、基本的なことをマスターすることです。応用や柔軟な対応とかって、あなたは1年目でできますか?

私はできません。 なので、このような気持ちにならないように配慮する必要があるのです。

言動や行動一つをみて、「○○はダメだ。なんであんなことするんだ。」と、看護スタッフ間で話していることもありますが、私からしてみたら「きっと、どう行動してよいかわからなかったんだ。教えてあげよう。」という視点になります。

新人看護師も含めて、皆で協力して看護を提供できた時、やりがいも感じますし、何より看護チームの一員として認められたような感覚があります。

なので、「皆で育てよう!」「良いところをたくさん見つけよう!」というような気持ちで、関われるようにしましょう! 




関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。