看護師に必要な基礎知識、スキルアップ、メンタルケア、コミュニケーション能力、考え方などを共有して、患者さんに適切な看護ケアを提供できるようにするブログになります。

円滑なコミュニケーションをするための基本的な考え方


今回からは、急変ではなく、日々の看護技術などについて記載していきますね。

では本日のタイトル。コミュニケーション技術とは!という基本的な内容ですが、非常に重要なところなので、参考にしていただければと思います。

まず、コミュニケーションといっても、言語的コミュニケーション・非言語的コミュニケーションの2つに分かれます。

非言語的コミュニケーションとは、身体的動作(表情、視線、姿勢、身ぶり、服装)などがあり、話さなくても伝える、つまりジェスチャーとかが良い例ですね。患者さんに寄り添う形であれば、この技術を極めればよいのですが、多くの場合は言語的コミュニケーションでトラブルになることが多いのです。

では、どういうときにトラブルが起きるのでしょうか?
日頃から十分に信頼関係ができている患者さんであれば、コミュニケーションで問題が起こることはあまり見かけたことがありません。ほぼないといってよいのではないでしょうか。

特に注意しなければいけない場合は、信頼関係が構築できていない場合です。突然怒っている患者さんもいます。自分が悪いわけでもないのにです。

私、こういう不満をよく患者さんからぶつけられるんです。言いやすい雰囲気があるからだと思いますね。基本怒らないで、「相手の言い分をすべて聞いてから話す」これができているからだと思います。感情をぶつけあうことは簡単ですが、それではこちらの負けだと思います。患者さんは、病気を患っているのですからね。

相手の言い分をすべて聞いた上で、自分の考えだけでなく、医療全体としての考えなどを伝えていく、ここで緩和されていくと「あの看護師さんは、私の話しをよく聞いてくれる。信頼できる」というようになっていくのです。

上記に記載したように、一度信頼関係を作り上げることができれば、以後トラブルはほぼ起きないと考えてよいでしょう。それだけ、信頼関係というキーワードが圧倒的に重要なのです。

なので、コミュニケーションをとる際には
・相手の言い分がどこにあるのか?
・信頼関係を作り上げるためには、どのようにアプローチすればよいのか?

これらをまず基本に考えていきましょう。





 

 

 

看護師とお金、転職事情について興味ありませんか?

 

「もっとお金が欲しい。」

「職場の環境が・・・」

「もっと自由に働きたい。」

「時間のコントロールをしたい。」

 

このように思う方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

看護師とお金、転職について考えてみる

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。