看護師に必要な基礎知識、スキルアップ、メンタルケア、コミュニケーション能力、考え方などを共有して、患者さんに適切な看護ケアを提供できるようにするブログになります。

あなたは解熱処置として、クーリングをしますか?

今回は「解熱処置として、クーリングの有無」について記載していきますね。

看護師として日々患者さんのケアを行っていると思います。その中の患者さんの症状として、「発熱」はよくある症状の一つですよね。

この発熱に対して、解熱剤を使用したり環境調整、そしてクーリングを行うケースが多いと思います。

クーリングは、アイスノンや冷罨法、氷嚢などを使用して、身体を冷やすことを言います。

しかしながら、このクーリング。あなたは、どのような時に使用していますか? 

「発熱があるから、冷やしている。」

「暑いと患者さんから訴えていたので、冷やしている。」

こんな場面が結構多いと思います。

では、 そもそも解熱処置が有効なのは、どのような時でしょうか?クーリングに疑問を持ったことはありませんか?クーリングの適応は?患者さんにとって、クーリングが害になっていないか?解説していきましょう!




そもそも解熱処置が有効なのは、どのような時か?

解熱処置により、体温が低下する状況にあるのかを評価する必要があります。

解熱処置の効果が発揮される条件は、

・体温調節の視床下部にある、体温調節、閾値間域が上がっている

・閾値間域が拡大している

このような時に有効となります。

閾値間域というのは、正常な場合、36.5~37.0℃の狭い範囲で一定に保たれています。

これが、発熱をしてしまうと、閾値間域が発熱している所に上昇してしまいます。

閾値間域が拡大しているということは、極端に話すと、35~38℃代まで体温が変化しやすい状況をいいます。

このような状況下の場合に、解熱処置(環境調整)が有効になります。 

クーリングに疑問を持ったことはありませんか?

看護師として、通常クーリングを行う理由は、患者さんの安楽であったり、疼痛緩和を目的に使用していますよね。

そして発熱をしている患者さんにも、解熱をする手段として使用してきています。

では、どの患者さんにも有効的なのでしょうか?クーリングをしたことで、不快症状を訴える患者さんに、出会ったことはありませんか? 

私は、全ての発熱した患者さんに、クーリングを使用していません。それはなぜでしょう?

クーリングの適応は? 

人間の身体は、脳の視床下部にある体温中枢によって、コントロールされています。体温調節を行うために、熱産生と熱放散のバランスを保っています。ちなみに、視床下部がコントロールできる発熱は、41.5℃までといわれています。

体温を下げる必要がある患者さんは、

・病気により発熱をしている患者さん

・外傷性中枢神経にダメージがある患者さん

・重症化しており、体温上昇の影響に身体が耐えられない患者さん 

これらが挙げられます。 外傷性中枢神経にダメージがある患者さんは、発熱をすることが予後を悪くすることが言われているので、体温のコントロールが必要なんですね。

重症化している患者さんは、酸素消費や脈拍の上昇といった、少しの身体の負荷に耐えることができないので、厳密な発熱管理をする必要があります。

体表クーリングで体温が下がる患者さんは、どのような場合?

クーリングといえば、腋窩やソケイ部、頸部などの太い血管がある部分に、冷やすことが多いですよね。

では、このクーリング。どのような患者さんの場合には、効果があるといわれているのでしょう?

・筋弛緩薬を使用し、全身麻酔下で寒冷反応が抑制されている場合

・鎮静下で寒冷反応が抑制されている場合

・解熱鎮痛薬で、体温が解熱傾向の場合

これらが挙げられます。寒冷反応というのは、身体を冷やす力のことを言います。つまり、薬剤を使用されており、冷やす力が弱まっているので、クーリングで補うということですね。

これら以外は、解熱の効果が証明されていないと、本を読んで私も知りました。

患者さんにとって、クーリングは害になっていないか?

全ての人に、クーリングが良いとは限りません。

発熱をした時に、クーリングをすることで気持ちがよかったという経験をした人もいます。

しかし、その逆にクーリングを不快だと感じる人もいます。

つまり、上記に挙げたように、クーリングを必ずしたほうがよい状況以外は、患者さんと看護師の判断に任されます。

発熱がある=クーリングではなくて、患者さんの適応をアセスメントした上で、意味をもってクーリングを行う必要があります。

ルーチンでクーリングを行うのは、不快と感じる人もいるので、適切ではないでしょう。

結論として、クーリングを考える時には、患者さんにとって有益なケアになるのかという視点で考えると間違いないと思います。

・解熱としてのクーリングが、必要な患者さんなのか?

・クーリングをルーチンに行うのではなくて、意識がある患者さんが、何を希望しているのかを確認し、総合的にアセスメントをすること

これらを考えていくと良いです。 

あなたは、クーリングについてどう考えますか? 





 

 

 

看護師とお金、転職事情について興味ありませんか?

 

「もっとお金が欲しい。」

「職場の環境が・・・」

「もっと自由に働きたい。」

「時間のコントロールをしたい。」

 

このように思う方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

看護師とお金、転職について考えてみる

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。