看護師に必要な基礎知識、スキルアップ、メンタルケア、コミュニケーション能力、考え方などを共有して、患者さんに適切な看護ケアを提供できるようにするブログになります。

看護の世界で、ものの言い方、正しくできていますか?

今回は「相手に対して、ものの言い方」について記載していきますね。

看護の仕事は、コミュニケーションをする、対人関係が非常に大事ですよね。

あなたは、ちょっとした言葉のニュアンスの違いで、相手を不快にさせた経験や誤解を招いたことはありませんか?

ほとんどの方は、経験したことがあると思います。

例えば、相手に依頼する場面で「すぐに○○してもらえると助かります。」と話したとします。

どうでしょう?あなたは何を感じましたか?

相手の状況によっては、不快にさせてしまうかもしれません。「今すぐやれ。」と思ってしまう方も、中にはいると思うんです。

では、相手に対して、ものの言い方をどのように行えば、不快にさせないでしょうか?いくつかの場面を見ながら、解説していきますね!




同僚看護師に、ちょっとした仕事をお願いしたい場合

あなたは、ちょっとした簡単な仕事をお願いしたいとき、どのような言葉を使いますか?

「そんなに時間がかからないので、○○さんの処置やりませんか?」

こんな風に伝えたとしましょう。相手の現在の状況によりますが、相手をムッとさせてしまうかもしれません。

なぜかというと、「そんなに時間がかからない。」という言葉には、「すぐにやれる簡単な仕事。」という意味が
込められているんです。

そうなると、反発心が生まれます。

「すぐにやれっていうこと?」

「こっちも忙しいから、今は無理。」

「そんなに時間がかからないなら、一人でやればいいじゃない。」

というように、指示・命令されているような感覚を、相手に与えてしまう可能性があります。

じゃあ、どう伝えれば良いのでしょう?

「○○さんの処置なんですけど、お願いしても大丈夫でしょうか?」

というように伝えるといかがでしょう?上記のような反発はなくなりますよね。
さらに大事なのは、否定語を使わないことです。

「○○さんの処置なんですけど、お願いするのは無理ですか?」

というように、最後を否定語にすると、相手は「無理です。」と言いやすいのです。

逆に肯定語で終わらせると、「大丈夫ですよ。」と答えやすいんですね。

ぜひ、意識して否定語を使わないようにしましょう。それだけで、「ものの言い方」が改善されます。

師長や係長に、資料や提出物に目を通して欲しい場面

急いで見てほしい資料があったとします。でも、忙しそうな師長や係長を見ていると、ついつい、このようなフレーズをよく見かけます。

「お時間があるときでいいので、○○の資料について目を通してもらってよいでしょうか?」

このように依頼をしてしまうと相手は、優先順位の低い仕事であると判断してしまいます。結果、後回しになり、期限までに間に合わないということにもなりかねません。

この場合には、ハッキリと伝えましょう。

「明日中に、見てもらいたい資料になります。よろしくお願い致します。」

というように、具体的な時間を伝えると良いでしょう。

また、相手の協力を得たいときに、重要なのが相手の名前を呼ぶことです。

「今いいでしょうか?師長」

「○○師長、今よろしいでしょうか?」

どちらが印象がよいでしょう?もちろん後者になります。さらに相手の名前を呼んで、少し間をあけてから尋ねると、受け手としては、さらに印象が良くなります。

「○○師長(少し間をとって)。今よろしいでしょうか?」となります。

看護の世界では、書類がたくさんあるので、こういう会話は、頻繁になります。ぜひ、相手の名前を読んで、ハッキリと時間を伝えるようにしましょう。

無理を言う患者さんをなだめるとき

「だから○○さん。それは、病院での決まりなので、できないんですよ!」

こんな風に伝えたら、反発しますよね。

断るときに、言ってはいけないフレーズとしては、

「ですから!だから!」というフレーズです。

よく営業マンの方が、

「ですからお客様。それは無理なんですよ。」

こんなフレーズ聞いたことありませんか?

こういう断り方は、相手の気持ちを逆なでするようなものです。

では、どういう対応をしたらよいのか?

「私個人としては、××だと思っているので、○○さんの気持ちはとてもよくわかります。病院の決まりもあるので、○○さんの希望に添えない部分があり、申し訳ありません。」

こんな風に伝えると、相手の気持ちを考えているので、納得してくれる場合が多いです。

いかがでしょうか?相手に伝える内容は同じでも、「ものの言い方」一つで、相手への印象が大きく変わってしまいます。

看護の世界では、日々患、看護師間や患者さんとコミュニケーションをとっています。相手の気持ちを考えずに発言をすると、思わぬ反発をもらうことがあります。

人間関係をギクシャクしないように、ものの言い方に気をつけていきましょう。ものの言い方をマスターすれば、看護師としてのスキルアップは間違いないでしょう!





 

 

 

看護師とお金、転職事情について興味ありませんか?

 

「もっとお金が欲しい。」

「職場の環境が・・・」

「もっと自由に働きたい。」

「時間のコントロールをしたい。」

 

このように思う方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

看護師とお金、転職について考えてみる

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。