看護師に必要な基礎知識、スキルアップ、メンタルケア、コミュニケーション能力、考え方などを共有して、患者さんに適切な看護ケアを提供できるようにするブログになります。

褥瘡の局所消毒は、しない方がいいの?根拠は?

今回は「褥瘡の局所消毒」について記載していきますね。

あなたは、褥瘡に対してどのような処置を行っていますか?

自宅で動けない状態で続いた、適切な体位交換ができなかったなど、様々な理由で褥瘡発生があると思います。

褥瘡ケアは、創傷は乾燥させて治すのが、今までの常識でした。しかし、現在では、創傷被服材が、様々出ていますので、湿潤環境に整えて直すのが、現在の主な治療方法となっています。

そこで、今回のタイトルですが、局所消毒についての考え方です。

創傷は、細菌がたくさんついているので、消毒という考えがあります。

その一方で、消毒をすると創傷治癒に関連した細胞まで影響を与えてしまうので、しないほうがよい。

こんな考え方もあります。

では、局所消毒は、しないほうが良いのでしょうか?それとも、したほうが良いのでしょうか?解説していきますね!




褥瘡の局所消毒を、しないほうが良い理由とは?

一番の理由は、消毒薬を使用することで、細菌以外に、宿主の細胞にも影響を与えてしまうということになります。

細胞に影響を与えてしまうということは、当然治癒までの時間が遅くなってしまうということです。

なぜ、消毒薬が影響を与えるのでしょう?

消毒薬には、タンパク質変性の力を持っています。そのため、表皮細胞や好中球など、免疫を担当している細胞に、ダメージを与えてしまうんです。

また、消毒は一時的な効果しか得られず、創部の細菌を全て除去することは不可能です。

そして、消毒が、必ずしも細菌に対して有効ではない場合があります。

このような理由から、消毒をしなくて良いのではないかという話しがあります。 

褥瘡の局所消毒を、したほうが良い理由とは?

一番の理由は、臨床的に効果が認められているという点になります。

消毒薬といえば、ポピドンヨード液が代表的になります。

消毒が、必ずしも細菌に対して有効ではないことを書きましたが、臨床研究結果では、効果があるとされています。

基本的には、洗浄のみで十分とされていますが、明らかな創部の感染があり、滲出液が多い場合には、消毒をしてから洗浄しても良いとしています。

このような理由から、消毒は有効的であるという話しがあります。

じゃあ、褥瘡の局所消毒は、臨床現場ではどうしたらいいの?

上記で、褥瘡の局所消毒について、良い点と悪い点が各々理解できたと思います。

各々で、根拠があります。なので、各々の良いところを活かしたらよいです。

つまり、ルーチンに局所消毒をしないということです。

創部を観察した上で、医師と看護師で相談しながら進めていったほうが良いです。

明らかに感染状態があり、創部の治癒を妨げている状況であれば、消毒をしたほうがよいです。

何も考えずに、必ず消毒をするという考えだけは、避けましょう。

しかしながら、感染状態を判断するのは、難しいことがあります。

感染の臨床症状としては、

・創傷治癒の明らかな遅延
・滲出液が増加
・悪臭
・膿の排出

これらが挙げられます。

いかがでしたでしょうか?

褥瘡の局所消毒について書きましたが、基本的には、褥瘡になった原因を排除することが大前提です。

壊死がひどければ、医師がデブリードマンを行い、徹底的に洗浄をします。

低栄養状態であれば、治癒が遅延するので、栄養管理を行います。
寝具の調整を行い、仙骨部の褥瘡であれば、徹底した体位交換を行います。

以前、私の病棟では、慢性期と皮膚科病棟でしたので、仙骨部に大きい穴があき、悪臭と滲出液が出ていた患者さんを何例も見たことがあります。

上記に書いたような処置を継続し、数ヶ月かけて褥瘡は、縮小した記憶があります。
褥瘡は、発生させないことが基本ですが、入院したとき、既に褥瘡が発生していることは、よくある話しですよね。

褥瘡ケアの知識を深めることは、看護師のスキルアップ、そして患者さんに正しい医療を提供できることにつながります。





 

 

 

看護師とお金、転職事情について興味ありませんか?

 

「もっとお金が欲しい。」

「職場の環境が・・・」

「もっと自由に働きたい。」

「時間のコントロールをしたい。」

 

このように思う方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

看護師とお金、転職について考えてみる

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。