看護師に必要な基礎知識、スキルアップ、メンタルケア、コミュニケーション能力、考え方などを共有して、患者さんに適切な看護ケアを提供できるようにするブログになります。

腹部のフィジカルアセスメントは、看護師にとって大事

今回は「腹部のフィジカルアセスメント」について記載していきますね。

あなたは、腹部症状と聞いたら、何を考えますか?

腹部症状は、腹痛、下痢、便秘、嘔気・嘔吐、吐血・下血などが出現したときに、見られます。

腹部症状といっても、重症度の判断は、非常に難しいです。

軽度なものから生命の危険があるものまで、様々な状態があります。

これを看護師は、正確に観察し、アセスメントをしていかなければいけません。

腹部症状の全てを書くと、膨大な量になってしまうので、今回は腹痛に焦点をあてていきたいと思います。

では、腹痛とは何か?腹痛の種類ってなに?腹痛のフィジカルアセスメントの方法とは?腹痛時、見逃してはいけないショック症状とは?解説していきましょう!




腹痛とは何か?

腹痛の基礎知識から、書いていきますね。

腹痛とは、お腹の中に痛みがあることをいいます。

原因は、多岐にわたり、必ずしも腹部にある臓器に原因があるとは限りません。

腹痛を訴える場所と、実際の疾患が一致しないことがあります。

腹痛の痛みを表現する時には、いくつか種類があります。

・鈍痛
鈍い痛み。

・仙痛
激しい痛みで、間欠的。胆石や腸閉塞など、腹部の内臓に何らかの原因がある場合に見られる。

・自発痛
特に原因は見当たらないが、チクチクと感じる痛み。

・圧痛
お腹を押すと、痛みが出てくる。

このように、腹痛といっても、どのような痛みかによって、分けることができます。

腹痛の種類ってなに?

腹痛の原因によって、いくつかに分けることができます。

・内臓痛

胃や腸などの臓器が、伸展が強い場合や収縮を起こすときの痛みになります。
内臓痛は、自律神経を介して痛みを感じるので、嘔吐や顔面蒼白、血圧低下など、
自律神経に関連した症状が出ることがあります。

胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、過敏性腸症候群、胆石症などで、出現してきます。

・体性痛

腸間膜や横隔膜など、知覚神経が刺激されて起こる痛みになります。
持続して、差し込むような痛みを感じるのが、特徴です。

消化管穿孔、腹膜炎など、腹膜に炎症があるときに感じるので、自然に落ち着くことはありません。

・関連痛(放散痛)

腹部以外に感じる痛みになります。
関連痛は、局所的で、明確な痛みとして感じるため、臓器によって発生する部位は、ほぼ決まっているのが特徴です。

腹痛のフィジカルアセスメントの方法とは?

フィジカルイグザミネーションである、問診、視診、聴診、触診、打診について、一つずつ解説しましょう。

問診

・腹痛に対して、いつ、どこが、どういう痛みか、他に症状はないか、思い当たることはないかなどを聞く

・既往歴、手術歴、内服薬を確認

・食事内容や食事時間を確認

・50代までの女性の場合には、月経の有無を確認

・腹痛の位置について確認

これらを患者さん本人に確認し、何が原因なのかを探り、腹痛の程度について確認していきます。

視診

・冷汗や苦悶表情などが見られないか観察

・腹部の膨隆がないか、腹水や形状はないか観察

・手術痕がないか

・黄疸がみられないか全身を観察

これらを看護師の目で確認し、異常がないか観察していきます。

聴診

・腸蠕動音の強いのか弱いのか、聞こえないのかを確認

・腸蠕動音で、金属音が聞こえないか確認。聞こえる場合は、腸閉塞を疑う

・腸蠕動音が聞こえない場合は、麻痺性イレウスを疑う

腹部の音を聞くことで、何が起きているのかを特定するヒントになります。

触診

・腹痛の部位と圧痛が見られるか確認

・反跳痛があるのか確認

・腫瘤が触れないか確認

直接、腹部に触れることで、原因を特定することにつながります。

打診

・鼓音と濁音を確認

・鼓音だと腸管ガス、濁音だと便や水分だと特定できる

よく便秘の方だと、打診でお腹の音が濁音になるので、比較的わかりやすいです。

これらのフィジカルイグザミネーションを行うことで、原因を特定することにつながるので、一つ一つ確認していくことが重要になります。

腹痛時、見逃してはいけないショック症状とは?

腹痛には、軽度のものから生命に関わるものまで、幅広いです。

生命の危険が見られ、緊急の処置が必要となる場合も、多いのです。

そのため、腹痛を訴えている患者さんをアセスメントする場合には、必ずショック症状が見られないか観察し、判断することが求められます。

ショック症状を具体的にすると、

・蒼白
顔色が悪く、チアノーゼが出現している

・虚脱
意識がもうろうとしており、不安感がある

・冷汗
全身や手のひらに汗をかくが、冷たく湿っている

・脈拍不触
脈が弱いが、早い。そして、触れにくいのが特徴

・呼吸不全
浅くて速い呼吸をしている

これらが、ショックの5Pといわれているものです。これらのショック反応は、身体の防御反応から来ます。

ショックになると、

血圧をあげようとするため、末梢血管を収縮させる

末梢血管を収縮するため、蒼白が生じる

血圧が低下していくと、脳血流も悪くなり、虚脱が見られる

交感神経を刺激するため、冷汗が生じる

脈拍数をあげようとするが、心拍出量が少ないので、脈拍不触となる
↓ 
代謝性アシドーシスを起こし、呼吸不全を起こす

というように、身体の反応を表しているのが、ショックの5Pです。これらの症状を見つけた場合は、緊急性が非常に高いので、覚えておきましょう。

いかがでしたでしょうか?

フィジカルアセスメントは、患者さんに何が起きているのかを判断するために、とても重要なスキルです。

この技術や知識を持っているか、いないかで、かなり患者さんの判断に差が出ると思います。

患者さんの状態にいち早く気づけるように、正しい技術と知識を習得していきましょう!





 

 

 

看護師とお金、転職事情について興味ありませんか?

 

「もっとお金が欲しい。」

「職場の環境が・・・」

「もっと自由に働きたい。」

「時間のコントロールをしたい。」

 

このように思う方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

看護師とお金、転職について考えてみる

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。