看護師に必要な基礎知識、スキルアップ、メンタルケア、コミュニケーション能力、考え方などを共有して、患者さんに適切な看護ケアを提供できるようにするブログになります。

家族対応は、本当に難しいと思った

日記として、今回は書いていこうと思います。

臨床で起きたことを、その日のうちに書かないと、記憶が薄れていくので、今日書いちゃいます!

今回改めて感じたのは、家族対応の難しさです。

患者さんの紹介を簡単にしますね。

膵頭部がんの女性。PTGBD挿入中で、意思疎通はOK。ADLは車椅子に軽介助で移動可。食事は、栄養剤などの固形物がないものを摂取中。固形物は、つまるリスクが高いため、中止となっています。

私の病院は、急性期の病院なので、長期療養の場合は、転院となります。そのため、本日転院となった方です。

では、どのような場面だったのか?どう考えたのか?具体的にしていきますね!



どのような場面で、家族対応を難しいと感じたのか?

時系列に書いたほうが、わかりやすいと思うので、書いていきますね。10時に自家用車で転院の方です。

9:20 長男夫婦が来棟。その後、長男の嫁(看護師)から、怒り口調で訴えあり。

「あんな体調が悪くて、転院できるのですか!?」とナースステーションで話している様子あり。

たまたま、私が担当だったので、「部屋に伺って、体調の確認をしますね。」と説明し、病室へ向かう。

9:25 バイタルサインを測定し、血圧100代でその他の異常所見なし。全身状態も観察するが、特に大きな異変はない。本人に体調の変化を確認すると、

「今ではないよ。毎日体調が悪い。」と話す。

長男の嫁に「バイタルサインなど、大きく変化はないようです。主治医に電話して、一度診察をしてもらうのはどうでしょう?」と提案するが、無視をされる。

「医師に体調が悪そうだという報告をしますね。」と伝えて、一度退室する。

医師に電話相談中に、長男の嫁が、「退院の会計はまだできていないの!退院の時間が迫っているのに、どうなっている。」とナースステーションに怒りに来る。

「今、医師に確認中なので、お待ちください。」と伝え、医師に確認する。

医師からは、「午前中は検査でいけないので、可能なら昼過ぎか13時ごろならいけると思います。」と回答あり。

9:35 トラブルになりそうな雰囲気を、バシバシ感じていたので、看護師長に状況報告。師長に医師の説明時間などについて、対応してもらう。長男の嫁より、「そんなのいりません。転院します。」と話していたとのこと。

9:40 地域連携室を通して、献立表を欲しいと依頼されていたが、現在フリー食で、栄養課より献立表を作れないと回答があったことを伝える。

長男の嫁、「はぁ!?献立表がもらえないってどういうことですか!今、本人が飲んでいるものとかあるでしょ!今すぐかけ!」と命令口調になる。

私は、「わかりました。少々お待ちください。」と伝え、現状の食事内容を手書きで記載する。その間に、長男の嫁は、会計と自家用車の準備をしており、以後病棟に姿を現さず。

10:00 長男が病棟に戻ってきて、荷物と本人が乗っている車椅子を押そうとしているので、

「大変ですので、正面玄関まで手伝いますね。」と伝えると、

「すいません。助かります。」と長男は、怒り口調は一度もなかった。

車に移譲して、長男の嫁が一言「どうも。」といって、病院を出発した。

トラブルになりそうな家族対応をしてみて、どう考えたか?

一般病棟から、私の働いている病棟に移動してから、約1週間と短い入院の方です。転棟した時には、既に転院先と転院日が決まっている状態でした。他の看護スタッフにも確認しましたが、家族は、私の病棟に移ってから、一度も面会に来たことはなかったとのことです。

つまり、元気な頃と現状を比較して、ギャップが大きかったのではないでしょうか。

前の病棟で、病状と転院について説明はされています。しかし、どこまで家族が理解しているのかについては、記録からは読み取れませんでした。

看護記録を見る限りでは、家族の反応が薄いのです。病状をどこまで理解しているのかが、不明です。

あくまで私の想像になりますが、

・今後、病状が悪化していくことを受け止められていない、もしくは理解できていない
・医療不信を抱いていた可能性
・元気な頃のイメージと現状の剥離が、大きかった

などが挙げられるのではないでしょうか。

本来であれば、なぜ怒っているのかを確認し、病院として対応に何か不満があれば、謝罪をする必要もあったのかもしれません。

しかし、雰囲気というか、空気がとんでもない状態になっており、冷静に話しができる状況ではありませんでした。そのため、なぜ怒ったのかについては、明確にはなっていないのが、モヤモヤするところではあります。

私の本当の気持ち

上記に見解を書きましたが、正直に言うと、イラッとしました。

私だったら、初対面の人にいきなり怒るということは、絶対にしません。だって、何が正しくて何が間違っているのかを判断できないから。

さらに、看護師が患者さんの状態を確認し、医師に相談するという選択肢を伝えたときも、無視はしません。一生懸命対応しているのを感じ取れるから。特に同職種なら、なおさらですよね。

私は、理不尽に怒られるのだけは、苦手ですし、嫌いです。私に非がある場合は、全力で謝罪しますし、不平・不満があれば、改善するように努力します。

今回一番困ったのは、何に怒っているのかが不明瞭なのです。転院できる状態なのか!と言われたと思えば、転院しますと話す。

どこかで病状を理解している部分と、納得がいかない部分が入り混じっていたのでしょう。

看護師としては、相手の言い分を聞き、言い争ってもダメなので、謝罪をとにかくするようにしました。

心の中では、「私が同じ立場なら、そもそも面会にくるし、冷静に対応するんだけどなー。」と思っていました。

だって、お互いに良好な関係を築くことができなければ、良い医療にならないと知っているから。

なかなか、家族の対応というのは、難しいですね。

あなたは、家族対応でトラブルになったことはありますか?どのように考え、行動しますか?




関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。