看護師に必要な基礎知識、スキルアップ、メンタルケア、コミュニケーション能力、考え方などを共有して、患者さんに適切な看護ケアを提供できるようにするブログになります。

あなたは、仕事をする意味、考えたことありますか?

今回は「あなたは、仕事をする意味、どのように考えているか」について記載していきますね。

私は、今看護師として働いています。で、ふと思ったんです。

「何のために仕事をしているのだろう?」と。

というのも、看護師になろうと本格的に考えたのは、高校2年生なんですね。

高校2年生に感じたこと、看護学生の頃に感じたこと、新人看護師の頃、部署移動した頃、今現在感じていること、

これ全部違うんじゃないか?と考えたんです。

これを書くことで、私自身も思い出すことにつながるし、読んでくれている人も、仕事の意味を考えるきっかけになるんじゃないかって思いました。

では、各々の時期で、どのように感じていたのか書いてみることにしましょう!



高校生の時に、何を思ったか?

ちょっと古い記憶?(笑)になるので、やや違うかもしれませんが、ご了承ください。

高校2年生の時、なぜ看護師を目指したのかというと、理由はいくつかありました。

・私自身が、気管支喘息を持っており、よく扁桃腺が腫れて、39度代の発熱があったこと
・小児科外来によくお世話になり、看護師にとてもよくしてもらったこと
・大人になったら、看護師という仕事をしたいと思い出したから
・交流があったおじさんが、膵がんで亡くなってしまったこと
・祖母を将来、看護できたらと思ったから

こんな気持ちがあったので、看護師になろうと思いました。

看護学生時代に何を思ったのか? 

この時は、「患者さんのために、どうしたらよいのだろう。」

これを100%注いでいた時期だった記憶があります。

でも、一方でわからないことだらけで、

「こんな感じで、看護師とやっていけるのだろうか。」

と思っていた時期でもありますね。

ここまでは、学生時代だったので、実習をやっていても、正直、臨床現場のイメージがなかったですね。

新人看護師時代に、仕事についてどう考えていたか?

「患者さんのために」と頑張っていましたが、空回りの連続で、仕事をする意味が、よく分からなくなった時期じゃなかったのか?と感じています。

・患者さんのために、何をどうしてあげたらよいのかわからなかった
・まわりの先輩看護師が怖すぎて、聞くことができなかった
・ナースステーションに入るだけで、お腹が痛くなりそうだった
・患者さんのところにいたほうが、楽だった 
・周りのほとんどの看護師を敵だと思っていた

こんな気持ちで、日々を過ごしていたと思います。今、思えば、看護師のほとんどを敵と思っていたということは、かなり病んでいたのかもしれませんね。

なので、看護師という仕事を考えることはなく、目の前の看護業務をこなすことで、いっぱいになってしまった記憶があります。

部署移動した頃、仕事について何を感じたか?

私は、消化器内科→救急外来→慢性期病棟という感じで、部署移動をしました。

救急外来に移った時は、とにかく超急性期の患者さんが、毎日運ばれてくるので、知識と行動力をつけるために、毎日頑張っていた記憶があります。

仕事としては、新人の頃とは違い、明確に患者さんを助けるためには、どのように行動しないといけないのか?と冷静に考えることは、できていたと思います。

看護師全員が敵だと思うことはなかったので、成長はしていたんですね(笑)

今、現在仕事について感じていることとは?

ここを一番書きたかったのです。看護師って、

「患者さんのために」とよく言われますよね。確かにそうなんです。でも、それが全てではないと、最近感じているんですね。

自分のプライベートまでは、全て削らなくてもよいのではないか?と思うんです。

どういうことかというと、新人看護師の時代や部署移動をしたすぐには、余裕がないので、患者さんのために全力を注ぐのが良いと思うんです。

でも、ある程度の時期がきても、同じようにやってしまうと、途中で燃え尽きてしまうんじゃないか?と考えるようになりました。

自分自身が健康でなければ、患者さんに良い看護を提供することにはならないです。

じゃあ、私は仕事をどうしているのか?と聞かれたら、こう答えます。

「患者さんと家族と、自分自身に注いでいます。」と。

仕事をする意味を答えられれば、

「家族と笑顔で毎日過ごせるために、仕事をしています。と答えるでしょう。

昔は、自分自身のために働いていましたが、今は守るべき家族のために仕事をしています。

仕事にいけば、目の前にいる患者さんに、看護師として全力で看護を提供していきます。

でも、病院の外に出て、家族と過ごしている時は、患者さんのことは、一切考えないようにしています。

自分自身に時間を使いたいときは、短い時間でもよいので、時間を作るようにしています。もちろん、家族サービスして、皆が休んでいる時が多いんですけどね♪

つまり、ワーク・ライフ・バランスという言葉がありますが、このバランスってとても大事だと思うんです。仕事にしても、プライベートにしても、引きずってしまうのは、どちらにとってもよくないと思います。

なかなかコントロールできないこともあるでしょう。でも、意識するだけで、少し変われることもあります。

ON・OFFをしっかりすると、生活にメリハリができてきます。

今の私は、日勤であれば、日勤終了後に今日のようにブログを書き、家に帰ってから、子供が寝るまで、一緒に遊びます。

休みであれば、昼間は子供と遊んで、昼寝をしていたり、夜に時間があるときに、自分の時間としてブログを書いています。

時間を決めることで、メリハリができて、忙しい毎日ではありますが、楽しかったりもするんです。

いかがでしたでしょうか?

こんな風に、うまく仕事と付き合うことが大事だなーと思ったので、書きました♪ 

あなたは、仕事とうまく付き合うことができていますか?

仕事とプライベート、両立できていますか?

仕事について、ゆっくり考えてみる時間も大切かもしれません。 




関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。