看護師に必要な基礎知識、スキルアップ、メンタルケア、コミュニケーション能力、考え方などを共有して、患者さんに適切な看護ケアを提供できるようにするブログになります。

これだけは覚えておきたい!心電図とAEDの適応

今回は「超緊急な心電図波形とAEDの適応」について記載していきますね。

患者さんの全身状態が悪かったり、循環器疾患を患っている患者さんには、心電図モニターを装着していることが多いと思います。

あなたは、心電図波形に異常が出て、アラームが作動した時、

「様子を見てよいのか、ドクターコールをしたらよいのかわからない。」

こんな風に感じたことはありませんか?

循環器病棟で働いている看護師の場合には、様々な心電図波形を覚える必要が特にあります。

他の病棟看護師も覚えなくて良いとは言いませんが、最低限覚えておいたほうが良い心電図波形はあります。

では、超緊急な心電図波形とは何なのでしょう?心室細動(VF)ってなに?AEDの適応?心室頻拍(VT)ってなに?AEDの適応?無脈性電気活動(PEA)ってなに?AEDの適応?心静止ってなに?AEDの適応?
解説していきましょう!




心室細動(VF)ってなに?AEDの適応?

心室細動(VF)とは、心室の筋肉が震えている、または痙攣しているという状況になります。

本来であれば、収縮をして血液を全身に送り出す役割を心臓が担っていますが、それができない状態。

つまり、死が目前にある状態をいいます。

心電図波形としては、とにかく、ぐちゃぐちゃだと覚えていれば、間違いないと思います。

高さも幅も、間隔全てが、バラバラな状態なのです。

この状態を発見し、意識がなく脈が触れない状態であれば、すぐに心肺蘇生法(CPR)とAEDが大変重要になります。

発見したあなたは、心肺蘇生法をすぐに行い、応援に来る看護師にAEDを持ってきてもらいます。

除細動器は、医師でないと使用できませんが、AEDであれば誰でも使用可なので、すぐに装着しましょう。

心室頻拍(VT)ってなに?AEDの適応?

心室頻拍(VT)とは、心室から収縮せよと命令が出てしまう状態を言います。

本来であれば、洞結節という部分から命令が出るのが正常な反応です。

心拍数が通常の2倍~3倍近く早くなってしまい、これが続いてしまうと、早すぎて全身に血液がいずれ、いかなくなってしまうんです。

全身に血液が行かない状態になるので、上記のVFと同じように意識がなくなり、脈が触れなくなってしまいます。

心電図波形の特徴としては、心室は一定のリズムで収縮をするので、高さや間隔は一定です。しかし、幅が広く、P波が見えなくなります。

発見したあなたは、基本的には、上記に書いたVFと同じ行動をします。

ただ、脈が触れる場合が、VTの場合あるんです。

その場合は、心肺蘇生法は行いませんが、治療はすぐ必要なので、医師に報告します。その後、脈が触れなくなる場合は、容易に想定されるので、いつでもAEDを使用できるように、準備をしていくことが大切です。

無脈性電気活動(PEA)ってなに?AEDの適応?

無脈性電気活動(PEA)とは、洞結節からの電気信号はあるけど、脈が触れない状態になります。

電気信号はあるのだけど、何かしらの原因で、心室がしっかり機能していないということ。

心電図波形としては、決まった形はないといってよいです。何かしらの波形は出ていますが、脈が触れない状態が、PEAとなります。

発見したあなたは、心肺蘇生法を行い、応援を呼びましょう。この時には、AEDは不適応なので、医師に報告し、原因を鑑別してもらう必要があります。

一番の確実な治療は、とにかく心肺蘇生法です。PEAには、必ず原因がありますが、原因を特定しづらいのも、特徴ですね。

医師が到着したら必ず行うのは、末梢静脈ラインを確保し、薬剤投与を行います。アドレナリンやアトロピンを使用するので、準備をしておく必要はあります。

心静止ってなに?AEDの適応?

心静止とは、洞結節からの命令が一切なく、心臓が収縮しない状態を言います。

結果、当然として全身に血液を送ることができないため、意識がなくなり、脈が触れなくなります。

心電図波形としては、何の電気信号もないため、平坦なフラットな波となります。

発見したあなたは、まず心電図モニターが正しく装着されているのか?そして、患者さんの意識や脈はどうなのか?を素早く確認します。

正しく心電図モニターが装着されている上で、心静止の場合には、すぐにPEAと同じ対処行動をとります。

いかがでしたでしょうか?

AEDの適応は、VFとVT

AEDの不適応は、それ以外と覚えておくとわかりやすいです。

また、必ず確認しておきたいのは、DNRの有無です。

DNRとは、延命処置をしない、つまり蘇生処置を行わないということです。

患者さんには、終末期の患者さんもいます。その患者さんが、VFが出たからといって、AEDを使用するのか?ということです。

延命処置をすることで、苦痛を与えてしまう。それであれば、自然な形でという考え方です。

臨床経験上、亡くなる数分前にVF波形になる方を、数回見たことがあります。その際に、間違って延命処置をしないように、必ず全ての患者さんのDNRの有無を確認することが大切です。





 

 

 

看護師とお金、転職事情について興味ありませんか?

 

「もっとお金が欲しい。」

「職場の環境が・・・」

「もっと自由に働きたい。」

「時間のコントロールをしたい。」

 

このように思う方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

看護師とお金、転職について考えてみる

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。