看護師に必要な基礎知識、スキルアップ、メンタルケア、コミュニケーション能力、考え方などを共有して、患者さんに適切な看護ケアを提供できるようにするブログになります。

採血の凝血ってなに?最低限必要な血液量は?

今回は「採血の凝血、最低限必要な血液量」について記載していきますね。

入院中の患者さんは、定期的に全身状態を把握するために採血を行いますよね。

大学病院では、医師が取る場面も多いと聞いたことがありますが、基本的には、看護師が行うのが一般的です。

この採血ですが、全身状態の悪い患者さんの採血をするのって、一苦労した経験はありませんか?

「毛細血管しかないんだけど!」

「血管がすぐ逃げて、細いから無理!」

こんな声が、臨床現場で聞かれることが、しばしばあります。

でも、採血をしないと、今後の治療に影響が出るので、何とか取りますよね。

苦労したせっかくの採血ですが、検査室から

「採血の量が足りないので、取り直しお願いします。」

「凝血していたので、取り直しお願いします。」

というように、残念なお知らせを経験されたことは、ほとんどの看護師があるのではないでしょうか。

では、溶血や凝血するとどんな影響があるのか?最低限必要な採血量は?検体を転倒混和するってなに?やりすぎてはだめ?解説していきましょう!




検体が、溶血や凝血するとどんな影響があるのか?

ここでは、一般的によく取られている、生化学検査、血液一般検査、凝固検査について説明していきます。

生化学検査

血液に凝血させて、遠心分離した血清を検査対象とします。

なぜ、検査室が、溶血があると判断できるかというと、通常であれば血清は淡黄色になるはずなんです。

ところが、溶血が起こっていると、赤くなります。

なぜかというと、赤血球が破壊されて、ヘモグロビンが血清に反映されてしまうからです。

赤血球の中には、カリウムや鉄などが含まれているので、検査値に大きく影響してしまうのです。

高カリウム血症と判断されてしまうと、急性期の治療が必要になるので、溶血がある場合には、再検査が必要となるのです。

血液一般検査

抗凝固剤が、採血管に入っているため、凝血を予防することができます。その抗凝固剤と混じった全血が対象になります。

血管が細く、針も細いものを使用すると、血小板つまり凝固系が活性化してしまうので、結果として、白血球や赤血球、血小板が低値で出てしまう場合があります。

あまりにも、低値の場合には、再検査が必要となります。

凝固検査

抗凝固剤が、採血管に入っており、十分混じった後、遠心分離した血漿が検査の対象になります。

生化学の血清と同じで、採血が厳しい状況だと、血漿中の凝固系が活性化してしまうので、APTT、D-ダイマーなど、本来の凝固と値が変わってきてしまいます。

最低限必要な採血量って、どれぐらいなの?

全身状態が悪い方、元々血管が細く取りづらい方って、いますよね?

小児に対しても同じで、血管が見えづらいということは、結構多いのではないでしょうか。

本来は、規定量までの採血をするのが、ベストです。

ですが、厳しい状況にあるとき、最低限必要な採血量を理解しておくのも、大事なことです。

採血項目数により、必要量は変化しますので、あくまで参考程度としてください。

生化学検査

私の病院では、生化学5mlが入りますが、血管が厳しく少ない時は、1.5ml前後でもOKです。ただしです。

真空採血管全てに言えることですが、真空になっているので、採血量が少ない場合は、キャップを外して入れる、もしくはシリンジで必要量を採取し、注入することが求められます。

遠心分離した血清が0.3mlほどあれば、40項目程度は測定可能になります。

血液一般検査

私の病院では、2mlが入りますが、血管が厳しく少ない時は、0.5ml程度でもOKです。

ただし、少ないときは、抗凝固剤の濃度が高くなってしまうので、すみやかに検査をする必要があります。

全血を対象としているので、少ない量でも検査ができるのが、特徴です。

凝固検査

凝固に関しては、1(抗凝固剤)に対して8(血液量)とされているので、許容できる範囲が限られています。これを越えてしまうと、検査値に大きな影響を及ぼしてしまうので、基本的には、規定量を入れることが望ましいです。

どうしても難しい場合には、無理に行わず、医師に依頼し、動脈から採血をしてもらうのも、一つの手になります。

検体を転倒混和するってなに?やりすぎてはだめ?

上記でも採血管には、抗凝固剤などが入っていると記載しました。

採血をした血液と抗凝固剤などが、十分に混ざり合うようにして、検査に出す必要があります。

じゃあ、たくさん混ざるようにやればいいってもんじゃないです。

・採血が終わったら、すみやかに混和する
・強く混和させると、泡だってしまい、溶血の原因になる
・5回前後、転倒混和するのがよい

採血をして終わりではなく、正しい検査値が出るように、転倒混和は、採血手技の一つとして大事なポイントになります。

いかがでしたでしょうか?

身近で行っている処置を、わかっているようで実は、理解していないこともあるのではないでしょうか。

今回も、採血はできるけど、検査の仕方を知らないという場合もあるでしょう。

どの処置もそうですが、必ず根拠があります。その根拠に沿って、正しい方法で行うことが、大事になります。

当たり前にやっている処置を、なぜ行うのか?行う必要があるのか?

正しい知識を持って、日々の看護業務を行うことは、大切ですよね。 





 

 

 

看護師とお金、転職事情について興味ありませんか?

 

「もっとお金が欲しい。」

「職場の環境が・・・」

「もっと自由に働きたい。」

「時間のコントロールをしたい。」

 

このように思う方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

看護師とお金、転職について考えてみる

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。