看護師に必要な基礎知識、スキルアップ、メンタルケア、コミュニケーション能力、考え方などを共有して、患者さんに適切な看護ケアを提供できるようにするブログになります。

離床センサー装着後、解除するカンファレンスしてる?

今回は「離床センサー装着後、解除するカンファレンスをしているか」について記載していきますね。

入院をしている患者さんに、離床センサーを装着したことはありますか?

離床センサーというのは、クリップを服のどこかに装着して、紐が外れたらナースコールが作動するタイプであったり、センサーマットといって、床においてあるマットを踏むと、ナースコールが作動するタイプもあります。

メリットとしては、体幹抑制や手首抑制など、行動自体を制止せずに、患者さんの行動に合わせて、看護師が対応できるところにあります。

デメリットももちろんあって、クリップを服につけているタイプだと、体動が強い方など、危険行動には至らないが、作動してしまう場合が多いです。その都度、訪室はしますが、

「ん?何も呼んでいないよ。」

という反応も、皆さん経験したことはあるのではないでしょうか。

またナースコールは認識できないが、何か違和感を感じてしまう方もいます。その場合、クリップをつけたり、センサーマットを装着することで、ストレスを感じてしまう場合もあります。

離床センサーって、安全面だけを考えると、転倒・転落を予防できる力は確かにあるので、付けたままになっていることが多いのではないでしょうか。

では、どのような患者さんに対して、離床センサーを装着しているの?離床センサーを外す基準は、どうしたらいいの?私の病棟では、離床センサー解除に対してどのように対応しているのか?解説していきましょう!




どのような患者さんに対して、離床センサーを装着しているの?

一番対象になる患者さんは、やはり高齢者の方で、ナースコールを認識することができない、認知症を患っている方です。また、脳外科疾患を患った方で、高次脳機能障害を患っている方も対象になることが多いです。

入院中の患者さんの安全面を守るという視点で、離床センサーは補助手段として有効だと思います。

今までの臨床経験上、インシデント報告としては、誤薬やルートやMaチューブの自己抜去、そして転倒・転落が挙げられるでしょう。

どの事故もそうですが、未然に防げるのであれば、対策をしておいた方が、安全面を考えると良いです。

上記に挙げた対象以外には、治療上、ベッド上安静の患者さんが、行動しようとする場合にも、危険察知として有効です。

離床センサーは、体幹抑制や手袋抑制などと比較すると、ストレスは少ないとは思います。

全く認識ができない患者さんの場合では、ストレスはあまり感じないのかもしれません。ですが、多かれ少なかれ、ストレスは感じているので、不要であれば外したいですよね。

離床センサーを外す基準は、どうしたらいいの?

離床センサーは、装着していると安全面が強化されるので、ついつい装着したままになりがちです。

解除の時期や判断って、なかなか難しいこともあるのではないでしょうか。

今までの臨床経験上、離床センサーを外す基準としては、

・ナースコールを100%認識できるようになったこと(昼夜問わず、トイレなど行動する時に呼べる)
・単独で行動することがなくなったこと
・緩和期などで、ADLが低下し、起き上がりが困難で転倒・転落の危険性がなくなった時

これらを満たした時に、離床センサーを外す基準となるのではないでしょうか。

この基準を満たしているのかは、普段から離床センサーを外す可能性があるのか、個々で判断する必要もあります。

なぜかというと、各々が看護記録として、離床センサーを外せる状態にあるのかを残しておく必要があります。

個々が、離床センサーを外す可能性を考えられない場合、日中と夜間の状況が不明瞭になり、転倒に対する不安から、離床センサー解除にはなりづらいのです。

なので、普段から離床センサーがついている患者さんに対しては、ストレスを多少でも感じていることを知り、外せる可能性がないのか観察していくことが大事になるのです。

私の病棟では、離床センサー解除に対して、どのように対応しているのか?

私自身は、離床センサーがついている患者さんの場合には、離床センサーを外せる可能性はないのか、または、現状の離床センサー対応で、転倒の危険性は回避できているのかを観察しています。

それ以外に、病棟としては、定期的に抑制カンファレンスを開催しています。

体幹抑制などの抑制をしている患者さん、 離床センサーを装着している患者さんが、対象です。

個々が、離床センサーを装着している患者さんに対して、観察していくのが大事と記載しましたが、実際全ての患者さんに、その看護記録が残されているとは限りませんよね。

その時、抑制カンファレンスを開くことで、離床センサー解除について、チーム全体で検討することができるのです。

もし、看護記録の不足部分があって、日中と夜間の状況が不明瞭であれば、

「では、3日間は日中と夜間の行動状況を細かく記載していきましょう。」

というように、取り決めをして、看護記録の充実を図ります。

その上で、3日後に再度抑制カンファレンスを開催し、離床センサー解除について検討していきます。

いかがでしたでしょうか?

離床センサーを装着すると、看護師側としては、転倒・転落の予防につながるため、安心がありますよね。

確かに装着した時点では、安全面が優位にあるため、メリットが大きいですが、月日が経過すると、改善される場合があります。

その時に、離床センサーの解除を検討しないで、そのままつけておくことは、患者さんにとって、不利益の方が大きくなってしまいます。

どんな処置でもそうです。ルーチンで処置をするのではなく、必要性を考え、看護ケアを提供していくのが大事なのです。

これを日々行うことで、看護師のスキルアップにつながっていくのだと、私は思います。





 

 

 

看護師とお金、転職事情について興味ありませんか?

 

「もっとお金が欲しい。」

「職場の環境が・・・」

「もっと自由に働きたい。」

「時間のコントロールをしたい。」

 

このように思う方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

看護師とお金、転職について考えてみる

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。