看護師に必要な基礎知識、スキルアップ、メンタルケア、コミュニケーション能力、考え方などを共有して、患者さんに適切な看護ケアを提供できるようにするブログになります。

がんの痛みをとるため、看護師は知識を得ることが大事

今回は「がんの痛みをとるため、看護師は知識を得ることが大事」について記載していきますね。

 

あなたは、がんの患者さんに関わったことはありますか?

 

がん性疼痛は、鎮痛剤を使用しなければ、耐え難い痛みが出て、殺してほしいぐらい、辛いものだと、以前、がんの患者さんから話しを聞いたことがあります。

 

その患者さんは、疼痛コントロールを入院中にすることができたので、このように話されていましたが、在宅で疼痛が出現した時には、死んだ方がマシだと考えたようです。

 

医師の処方はもちろんですが、入院中に患者さんと一番関わるのは、間違いなく看護師です。

 

看護師が、がん性疼痛について理解を深め、患者さんの疼痛に関して正しいアセスメントをすることで、医師と相談し、適切な疼痛薬が投与されるといっても、良いのではないでしょうか。

 

では、がんの痛みって、種類があるの?鎮痛薬を使用し、除痛するための段階ってあるの?オピオイドを使用しても、NSAIDsは併用する?レスキューの正しい説明って?解説していきましょう!

 

 

がんの痛みって、種類があるの?

 

がんの痛みは、がん性疼痛としてまとめられていますが、大きく分けると、

 

・内蔵痛

・骨転移痛

・神経障害性疼痛

 

というように分類することができます。

 

なぜ、このように分類する必要があるのかというと、それぞれの痛みに対して、有効的な薬剤が違うからです。

 

内蔵痛

 

腹痛や胸痛というように、鈍痛が持続するのが特徴です。内蔵痛に対しては、オピオイドが有効的で、これが基本となります。

 

骨転移痛

 

痛みの表現は、腰痛や体動時に疼痛が出現するなど、絶対がありません。この疼痛の場合には、オピオイドが効きにくいのが特徴です。

 

なので、オピオイドを投与後も、効果が見られない場合には、骨転移痛を疑います。

 

骨転移痛の場合には、NSAIDs薬であるロキソニン、アセトアミノフェン薬であるカロナールが有効的で、私の印象としては、NSAIDs薬が、よく効いている印象があります。

 

神経障害性疼痛

 

この疼痛は、なかなか取り除けないことが多いのが、私の印象です。訴えとしては、しびれるような痛み、重だるい、電気が走ったような痛みなどと表現されます。

 

この痛みの場合には、オピオイドやNSAIDs薬では、効果が見られません。この時に使用できる薬剤としては、鎮痛補助剤として、リリカカプセルを内服し、効果が出ていました。

 

このように、がん性疼痛といっても、分類することで、どのタイプの疼痛なのかを見極め、医師と薬剤を相談していくことが、大事になります。

 

鎮痛薬を使用し、除痛するための段階ってあるの?

 

WHOの3段階の除痛を聞いたことがありますか?

 

第1段階

 

アセトアミノフェンやNSAIDs薬を使用し、医療用麻薬を使用していない段階になります。

 

これで除痛ができれば、継続内服をし、様子を見ていきます。この内服をしていても、痛みが取りきれない場合には、次の段階に移行します。

 

第2段階

 

少量の医療用麻薬であるオキシコドンを使用していきます。例えば、

 

オキシコンチン錠を1日10mg、1回5mgを12時間毎に内服、

 

レスキューでオキノーム2.5mgを1包内服

 

こんな処方が、医師から処方されるはずです。この内服で落ち着けばよいですが、

 

それでも頻回にレスキュー薬であるオキノームを内服する状態になれば、次の段階に移行します。

 

第3段階

 

強オピオイド薬を投与する時期になります。モルヒネ、オキシコドン、フェンタニルを患者さんの症状にあわせて、使用していきます。

 

第2段階の量から、痛みの強さに対して増量し、患者さんにあった鎮痛剤を選択していくことになります。

 

急激に増量すると、呼吸抑制や過度な鎮静をしてしまうので、細かい調整が必要になります。

 

オピオイドを使用しても、NSAIDsは併用する?

 

上記に書いたように、オピオイドは内蔵痛に効果がありますが、骨転移痛には、効果が薄いですよね。

 

第1段階で、NSAIDs薬は内服しているはずなので、安易にやめるべきではありません。

 

NSAIDsは、抗炎症作用があるので、オピオイドと併用することで、疼痛緩和を強化することができます。

 

実際、がんや緩和の患者さんの、今までの臨床経験では、ほとんど、NSAIDsとオピオイドを併用している方を、たくさん見てきました。このことからも、効果的なのだなーと思います。

 

レスキューの正しい説明って?

 

オピオイドを投与されている方には、必ず即効性があるレスキューと呼ばれる薬剤が処方されていると思います。

 

このレスキュー薬ですが、今までの経験上、患者さんが正しく理解されていないことが、多いのではないかと思います。

 

レスキュー薬の正しい投与のタイミングは、弱い痛みが出てきたら、すぐに使用するというのが、大事なポイントです。

 

私が、いつも患者さんとレスキュー薬のタイミングについて話すときは、ペインスコアを使用しています。

 

ペインスコアは、0が疼痛がない状態で、10が最高に痛い状態を数字で表します。

 

患者さんによって、ペインスコアはバラバラです。

 

でも、そんな事は大して気にしません。大事なのは、その患者さんにとって、

 

「どのぐらいの数字になったときに、レスキュー薬を必要としているのか」

 

というところが、非常に重要です。

 

例えば、ペインスコア5でレスキュー薬を希望している患者さんがいたとします。

 

じゃあ、ペインスコア5の時に使用したら良いとはなりません。

 

それでは、痛みを感じてしまう時間帯があります。

 

私の場合だと、ペインスコア3前後で使用するのを伝えていきます。そして、実際にそのぐらいの数字で使用していき、疼痛を強く感じる前に除痛できたのかを確認していきます。

 

痛みって、数分間感じているだけでも、辛いですよね。この時間帯は、ただ辛いだけです。

 

なので、苦痛を感じる前にレスキュー薬を使用することが、大事なんですね。

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

がん性疼痛は、患者さんの病状にもよりますが、強い痛みの場合が多いです。

 

看護師は、患者さんの疼痛を正しくアセスメントし、

 

・本当に今の鎮痛剤の量で、除痛ができているのか

・患者さんが、疼痛を我慢しながら日々過ごしていないのか

・レスキュー薬を正しいタイミングで使用できているのか

 

これらを検討していく必要があります。

 

そのためには、知識がなければ、患者さんがどのような状態なのかを、正しく判断することができません。

 

知識をつけることで、患者さんの生活の質が保たれ、安楽な日々を送れるよう、サポートすることにつながるのです。

 




関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。