看護師に必要な基礎知識、スキルアップ、メンタルケア、コミュニケーション能力、考え方などを共有して、患者さんに適切な看護ケアを提供できるようにするブログになります。

来院時、既に心肺停止!看護師としてどう行動する?

今回は「来院時、既に心肺停止!看護師としてどう行動するのか」について記載していきますね。

 

あなたは、患者さんを見たとき、既に心肺停止の状況に遭遇したことはありますか?

 

3次救急の救急外来で働いたことがある看護師は、恐らく経験があることでしょう。

 

それ以外にも、入院中の患者さんが、突然訪室すると、心肺停止状態になっていたという状況もありますよね。

 

ここでは、救急外来での対応について書いていきますが、基本的に、心肺停止時の対応は同じですので、参考にしてみてください。

 

では、心肺停止の患者さんを受け入れする時、看護師に必要な準備とは?救急隊がCPRを実施しながら搬入したら、看護師は、まず、どう行動する?看護師が正確な情報収集をすることで、原因検索がスムーズになる?解説していきましょう!

 


 

心肺停止の患者さんを受け入れする時、看護師に必要な準備とは?

 

救急外来って、既に心肺停止の患者さんが、突然来るようなイメージってありませんか。

 

まれに、病院の近くで心肺停止になった場合はあるかもしれません。ですが、基本的には、準備をする時間が数分あります。

 

家で心肺停止になった場合、外で心肺停止になった場合など、どの場合においても、救急隊が到着し、医療機関に搬送するまでには、時間が必ず存在します。

 

救急当番の医師に、救急隊から連絡が入ります。

 

例えば、

 

「○○さん。△歳男性。交通外傷で、心肺停止状態。救急隊到着後、CPRを継続。バイスタンダーCPRあり。あと5分で到着します。」

 

このような情報が、医師に入り、救急外来の看護師も情報共有を行います。

 

では、この5分間で何を準備するか?

 

心肺停止状態なので、心肺蘇生法が必要です。それ以外に、交通外傷なので、致死的な外傷死が原因の可能性が高いです。

 

ということは、血気胸や心タンポナーデなども想定されるので、エコーや医療処置物品を準備し、蘇生処置と並行して原因検索を行う必要がありますよね。

 

さらに、蘇生処置と並行して、末梢静脈ルートを確保し、輸液+アドレナリンの投与が予測されるので、針や薬剤がすぐに使用できるように、準備をしておきます。

 

もしかしたら、気管挿管をすることも予測されるので、いつでも処置が行える準備が必要です。

 

これらを、情報をもらってから5分以内に準備を行い、処置に備えることが、とても重要となります。

 

救急隊がCPRを実施しながら搬入したら、看護師は、まず、どう行動する?

 

では、実際に患者さんが、救急隊がCPRを実施しながら搬入してきました。

 

まず、どうしたらいいでしょう?

 

初療室のベッドに移動しますが、10秒以上の胸骨圧迫が中断しないように注意し、移動を行います。

 

その後、看護師が数名いる場合は、役割を決めて行動をします。具体的には、

 

・心電図モニターと除細動器を装着する

・末梢静脈ルートを確保する

・胸骨圧迫や人工呼吸を引き継ぐ

・医師に確認し、薬剤をすぐ投与できるように、シリンジに準備しておく

 

などの役割があります。もし、他にも心肺停止状態の患者さんがいて、人数不足があった場合、どうしたらいいでしょう。

 

私が救急外来で働いていた時は、救急隊に胸骨圧迫や人工呼吸をそのまま、落ち着くまで行ってもらっていました。

 

その間に、末梢静脈ルートや心電図モニターを装着していたのを覚えています。

 

ここで、医師の視点を混ぜていきますね。

 

この時、医師は何を考え行動しているのか?

 

恐らく、心停止の原因を考えながら。ABCDEをアプローチし、治療を行っているはずです。

 

例えば、

 

A(気道):気管挿管は済

B(呼吸):バックバルブマスクで換気中。抵抗感はない

C(循環):超音波エコー、外傷の有無を確認

D(意識):瞳孔確認

E(保温):全身を観察し、体温チェック

 

このようなアプローチをしながら、心停止の原因である6H6Tを考えていきます。今回の例だと、エコーの結果、心タンポナーデが認められれば、処置を行うことになるでしょう。

 

このようなことを医師が考えているということを、知識として覚えておくと、医師と看護師が協力して、スムーズに処置をすることができ、結果として、救命率をあげることにつながるのです。

 

看護師が正確な情報収集をすることで、原因検索がスムーズになる?

 

今回の例だと、交通外傷なので、心肺停止に陥った原因が、はっきりしている部分が多いですよね。

 

では、突然目の前で、心肺停止になったという場合などでは、どうでしょう?

 

蘇生処置は、同じように対応していきますが、大事なポイントは、正確な情報収集です。

 

・心肺停止の可能性がある既往歴はないか

・内服している薬剤の詳細

・どのような状況で、心肺停止になったのか

 

これらを、家族が近くにいるならば、詳しく確認する必要があります。

 

そこに、心肺停止になった原因が、隠れていることもあるからです。

 

しかしながら、心肺停止になったことで、家族は、大きな心理的衝撃を受けています。

 

そのため、情報収集も必要ですが、看護師の人数が足りていれば、家族に治療の状況を説明することも大事です。

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

来院時心肺停止は、時間との勝負なので、焦る気持ちはわかります。

 

経験がないと、どうしていいか困惑してしまうでしょう。

 

ただ、蘇生処置は、ある程度どのように行うのか、想定できる部分ではあります。

 

混乱して何をしていいかわからなくなるのは、知識としてどう対応していいのか、知らないからです。もちろん経験もあります。

 

知らないことって、ものすごく不安ですよね。だから、知識をつける必要があるのです。

 

どのように蘇生処置を行い、どのように経過していくのかを理解することで、行動につながります。

 

患者さんの生命を守るために、知識や経験を積んでいきましょう。

 





 

 

 

看護師とお金、転職事情について興味ありませんか?

 

「もっとお金が欲しい。」

「職場の環境が・・・」

「もっと自由に働きたい。」

「時間のコントロールをしたい。」

 

このように思う方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

看護師とお金、転職について考えてみる

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。