看護師に必要な基礎知識、スキルアップ、メンタルケア、コミュニケーション能力、考え方などを共有して、患者さんに適切な看護ケアを提供できるようにするブログになります。

義歯の管理を正しく行うことは、看護師として大切

今回は「義歯の管理を正しく行うことは、看護師として大切」について記載していきますね。

 

日本の高齢社会に伴って、義歯を装着している方も増えています。

 

当然、入院患者さんも高齢なので、義歯を管理する場面が多く見られます。

 

義歯を正しく管理できていますか?

 

ふとした疑問を持った事はありませんか?

 

看護としては、日常生活を維持するために、必要な援助ですよね。

 

ちょっとした疑問に答えられるように、いくつか説明できたらと思います。

 

では、寝るときは義歯を外すべき?毎食後外さなくていいの?歯科医師や歯科衛生士に相談した方がよい、口腔状態って?義歯を洗浄するときに注意することは?義歯洗浄剤は、きれいに洗い流さないといけないの?解説していきましょう!

 


 

寝るときは義歯を外すべきなの?毎食後外さなくていいの?

 

寝るときに義歯を外す患者さんが、ほとんどだと思います。じゃあ、なぜ外さないといけないのか?

 

1日のどこかで外すことで、口腔粘膜である顎堤粘膜を休ませ、口腔内の炎症を予防することにつながります。

 

夜間でなくとも、昼間のどこかで確実に義歯に外す時間があるのであれば、寝る前にこだわらなくても良いことになります。

 

なので、毎食後に外さなくても、1日1回どこかで義歯をはずして、細菌の繁殖を抑えることができれば、問題ないということになります。

 

歯科医師や歯科衛生士に相談した方がよい、口腔状態って?

 

私の病院には、歯科口腔外科が併設されています。歯科口腔外科に受診する場合は、

 

・口腔内に潰瘍がある場合

・義歯にひびが入っている場合

・義歯が変形して、合わないもしくは痛みがある

 

このような場合には、一度見てもらい治してもらったほうが、日々のQOLは向上することになるでしょう。

 

義歯を洗浄するときに注意することは?

 

流水でブラシを使用していきます。特に義歯の汚れがつきやすい場所は、曲がり角などの複雑なところになります。

 

また、歯磨き粉は使用してはいけません。

 

なぜかというと、歯磨き粉は、細かい研磨剤が入っています。義歯は、歯より硬くないので、小さな傷がついてしまい、結果として汚れの原因となります。

 

基本的には、流水で優しくブラシできれいにしていきましょう。

 

義歯洗浄剤は、きれいに洗い流さないといけないの?

 

よく寝る前に、義歯洗浄剤を入れることがあると思います。

 

義歯洗浄剤は、薬剤なので、必ず水で洗い流してから義歯を装着するようにしましょう。

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

高齢な患者さんが入院することが多い時代です。

 

患者さんの日常生活の援助をするということは、義歯ひとつにしても正しい知識がないと、正しいケアを行うことができません。

 

自立している患者さんであれば、特に問題はありません。

 

ですが、高齢な患者さんは、ADLが低下している場合も多いです。

 

正しい知識とケアを看護師が提供することで、入院生活を快適に過ごすことにつながるのです。





 

 

 

看護師とお金、転職事情について興味ありませんか?

 

「もっとお金が欲しい。」

「職場の環境が・・・」

「もっと自由に働きたい。」

「時間のコントロールをしたい。」

 

このように思う方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

看護師とお金、転職について考えてみる

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。