看護師に必要な基礎知識、スキルアップ、メンタルケア、コミュニケーション能力、考え方などを共有して、患者さんに適切な看護ケアを提供できるようにするブログになります。

日々のケアにちょっとしたリハビリが、看護師には大事

今回は「日々のケアにちょっとしたリハビリが、看護師には大事」について記載していきますね。

 

日々の多忙な看護業務を、看護師はこなしていますよね。

 

リハビリと言うと、ST・PT・OTといった専門のリハビリをイメージすると思います。

 

確かに専門のリハビリは、治療上とても重要な役割があります。

 

患者さんの回復に、大きく影響がある存在といっても、良いでしょう。

 

じゃあ、看護師のリハビリとは?となりますよね。

 

「日々の看護業務で、忙しくてリハビリなんてできない。」

 

こんな声があると思いますが、看護師に専門的なリハビリを求めてはいません。

 

では、看護師が行うリハビリとは?安静の患者さんにも、看護師はちょっとしたリハビリを行う事はできる?更衣一つにしても、ちょっとしたリハビリにつながる?解説していきましょう!

 

 

看護師が行うリハビリとは?

 

看護師が行うリハビリとは、生活支援という意味です。

 

患者さんの状態にはよりますが、朝起きてから、トイレに行って、食事をして、歯を磨いて。

 

このあたり前の日常生活動作を、支援していくことこそが、看護師が行える最善のリハビリではないでしょうか。

 

トイレに車椅子で一部介助を行ったとしても、立派なリハビリです。食事を一部患者さんに自力で摂取できるように、環境を整えるのも大事です。

 

入院中の安静が長ければ長いほど、ADLは低下していきます。

 

これは、普段無意識で行っていた上記のような日常生活動作が、できなくなってしまったからですよね。

 

治療が終わると、日常生活の場であった在宅に基本的には、戻りますよね。

 

問題になるのは、

 

「前より動けなくなった。」

「食事が一人で摂れなくなった。」

 

といった、日常生活に障害がある状態です。

 

退院後の生活を見て、あたり前の日常生活を援助していくことが、看護師のリハビリとして大切なのではないでしょうか。

 

安静の患者さんにも、看護師はちょっとしたリハビリを行う事はできる?

 

病態によって、安静が必要なこともあります。

 

ただ、必要以上の安静は、さらに身体機能を低下させる原因になります。

 

特に高齢者においては、より身体機能が低下しやすいので、注意が必要です。

 

安静な状態でも、比較的身体状態が落ち着いているのであれば、できることはあります。

 

口腔ケアをこちらで行ったり、声を出して会話をすることも、口の動きや呼吸状態を悪化させない方法の一つとなります。

 

病態によって、臥床しているだけの場合もありますが、ちょっとした介入がリハビリとなることを知識として、覚えておくと良いでしょう。

 

更衣一つにしても、ちょっとしたリハビリにつながる?

 

更衣をする時にも、ちょっとしたリハビリは存在します。

 

腰を少し上げてもらうことができれば、その後の座位や立位の行動につなげることができます。

 

腰を上げることができないけど、上肢は少し動かせる状態であれば、側臥位の時に、ベッド柵に捕まってもらうことができます。

 

このように、残存機能を有効的に活用していくことが、介助者自身の負担が減りますし、何より患者さんの身体機能の維持につながるのです。

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

このように、日々の日常生活援助において、様々な場面で、ちょっとした看護師のリハビリを行っていることがわかります。

 

これに気づいているか、いないかで、患者さんへのアプローチも変わってきます。

 

気がついていなければ、更衣も全介助で行ってしまいがちですし、安静時には、安静にしていてもらうという考え方しかしません。

 

気づいていると、

 

「何か患者さんのリハビリにつながることはないだろうか。」

 

と考えるようになります。

 

そうすると、普段臥床している人でも、

 

「昼食は、車椅子でロビーで食べてみましょう。起きているだけでも、リハビリにつながるんですよ。」

 

というような、声かけにつながっていくと思います。

 

その結果、患者さんの退院後の日常生活において、障害が起きないようにどうアプローチすると良いのか、考えることができるのではないでしょうか。




関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。