看護師に必要な基礎知識、スキルアップ、メンタルケア、コミュニケーション能力、考え方などを共有して、患者さんに適切な看護ケアを提供できるようにするブログになります。

看護師として、DNARを正しく理解していますか?

今回は「看護師として、DNARを正しく理解しているのか」について記載していきますね。

 

病棟で仕事をしている看護師のほとんどは、DNARの患者さんに対して対応したことがあるのではないでしょうか。

 

あなたは、DNARをどのように理解していますか?

 

「この患者さんは、DNARだから、基本的には何もしない。」

 

このように考えていませんか?

 

DNARとは、患者さん本人または家族などの代理人の意思決定において、心肺蘇生法を行わないことを言います。

 

しかしながら、積極的治療を行わないことをDNARだと認識している方も多いのではないでしょうか。

 

この背景には、病状悪化の際に、DNARと積極的治療について、一緒に説明しているために、混同しているのかもしれませんね。

 

では、DNARの患者さんには、どこまで実施したらいいの?DNARの患者さんが辛そう。どう対応するべき?一度DNARをとった患者さん。患者さんの状態悪化に伴い、助けてほしいという意向があった。どう対応する?解説していきましょう!

 


 

DNARの患者さんには、どこまで実施したらいいの?

 

DNARの意味は、「病状悪化に伴う心停止の際には、心肺蘇生を行わない」

 

ということになります。逆に言えば、それ以外の場合には、対応する必要があるわけです。

 

DNAR=何もしない

 

ではないのですが、誤った認識をした看護スタッフもいるので、しばしば混乱を招くことがあるんですね。

 

どこまで治療や処置を行うことが、患者さんにとって利益となるのか?

 

ここを慎重に考え、確認していくことが大切です。

 

でも、「どこまで実施していくのか、医師によって違う。」

 

と思ったことはありませんか?

 

それは、当然なのかもしれません。

 

なぜかと言うと、患者さんの状態に合わせて対応しているから。

 

「じゃあ、どうしたらいいの?」

 

となりますが、医師と密に治療方針や対応を、確認していくことが大切です。

 

そして、その確認事項を必ず看護師間で共有するようにしましょう。

 

それは、主治医が必ず対応するとは限らないから。

 

他の医師が対応しても、同じ方針でなければ、患者さんに不利益を与えることになるので、情報共有を確実にしていきましょう。

 

DNARの患者さんが辛そう。どう対応するべき?

 

DNARがとられている患者さんは、心肺蘇生法は行いません。

積極的治療に関しても、DNARと一緒に説明されているはずです。

 

ですが、苦痛の緩和や家族の配慮は、最大限行う必要はあります。

 

DNARを同意していたとしても、家族としては、動揺することがほとんどなのではないでしょうか。

 

当然、不安も強くなります。

 

じゃあ、どうするか?

 

家族の対応としては、わかりやすく現状を説明することが大切です。

 

不安が強くなるのは、今目の前の患者さんがどういう状態なのかが把握できないことが、一つの原因としてあります。

 

家族の様子を見ながら、血圧低下や不整脈の出現、呼吸の変化などを丁寧な口調で伝えることが大事です。

 

終末期にある患者さんや家族の一番の意向は、辛くないように最期を迎えるということではないでしょうか。

 

・家族に対しては、穏やかに患者さん本人と過ごせるような、環境を提供していく

・患者さん本人に対しては、医師と相談しながら、鎮静や鎮痛剤の量を調整依頼し、苦痛を緩和していく

 

このような対応をして、最期を安らかに迎えることができるように、看護師は配慮していく必要があります。

 

一度DNARをとった患者さん。患者さんの状態悪化に伴い、助けてほしいという意向があった。どう対応する?

 

「DNARを一度とったから、心肺蘇生をしない。」

 

こんな風に考えていませんか?

 

あくまで、DNARは、医療従事者、患者さん本人や家族が全て同意した場合に適応されます。

 

病状悪化に伴い、気持ちが変化することは、容易に予想されることです。

 

大切なのは、病状が悪化した際に、医師から再度説明をして、何が患者さんのために良いのかを説明することが大事なのではないでしょうか。

 

頭ではわかっていても、目の前の患者さんが亡くなりそうだと感じると、少なからず動揺は誰しもするはずです。

 

死を受け入れるのは、相当強いストレスがかかります。

 

看護師は、家族の気持ちを汲み取り、関わっていくことが大切です。

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

DNARの意味を正しく理解して、患者さんや家族に関わることが大切です。

 

最期の関わり方がうまくいかないと、患者さんは辛い状態になってしまいますし、家族には、悔いが残ります。

 

DNARをとっていても、あくまで心肺蘇生法を行わないだけで、それ以外の看護ケアは継続していくのです。

 

看護師として、患者さんや家族が、今何を想い、どう看護ケアを提供していくのが適切なのか?

 

DNARの正しい理解をしていくことで、適切な看護ケアを提供していくことにつながるのではないでしょうか。





 

 

 

看護師とお金、転職事情について興味ありませんか?

 

「もっとお金が欲しい。」

「職場の環境が・・・」

「もっと自由に働きたい。」

「時間のコントロールをしたい。」

 

このように思う方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

看護師とお金、転職について考えてみる

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。