看護師に必要な基礎知識、スキルアップ、メンタルケア、コミュニケーション能力、考え方などを共有して、患者さんに適切な看護ケアを提供できるようにするブログになります。

終末期の患者さんに看護師は、口腔ケアをどう行う?

今回は「終末期の患者さんに看護師は、口腔ケアをどう行う」について記載していきますね。

 

終末期の患者さんに、口腔ケアを行ったことがありますか?

 

終末期の患者さんは、食事が摂れない状態になっていることが多く、それに伴い口臭が見られることが多いのではないでしょうか。

 

口臭の原因としては、

 

・乾燥

・出血

・舌苔

 

これらが原因となります。

 

本来であれば、口腔ケアを行い、これらの原因を除去していきたいですよね。

 

でも、終末期の患者さんに大切なのは、

 

「患者さんが望む口腔ケア」

 

これがポイントではないでしょうか。

 

では、終末期の患者さんに、乾燥に対してどう口腔ケアをする?終末期の患者さんに、出血に対してどう口腔ケアをする?終末期の患者さんに、舌苔に対してどう口腔ケアをする?解説していきましょう!

 


 

終末期の患者さんに、乾燥に対してどう口腔ケアをする?

 

口腔内が乾燥しているのは、終末期の患者さんには、特に多いのではないでしょうか。

 

原因としては、酸素投与や口呼吸、そして脱水が大きく影響しています。

 

食欲低下に伴い、唾液の分泌も低下することで、より乾燥が強くなります。

 

乾燥に対して、どう口腔ケアをするかというと、

 

・スポンジブラシなどを水で濡らして、口腔ケアを行う

・保湿ジェルを使用して、口腔内を湿潤させる

・湿潤することで、口腔内の不要物を除去しやすくなる

 

というように行っていきます。

 

保湿効果は、一般的に言うと6時間前後といわれています。

 

ですが、患者さんの状態によって、短い場合も想定されます。

 

なので、患者さんの状態に合わせて、各勤務毎に1度行う形でよいのか?午前・午後というように、頻回に行うことが、患者さんにとって良いことなのか?

 

これを患者さん毎に検討していく必要があります。そのため、一般的な口腔ケアの考え方ではなく、患者さんに乾燥に合わせて口腔ケアをしていく形になります。

 

終末期の患者さんに、出血に対してどう口腔ケアをする?

 

出血の原因の多くは、上記に書いた乾燥、そして口腔衛生不良の場合に起こります。

 

口腔ケアをすることで、出血を助長させてしまうのではないかという考えになり、

 

遠慮がちになることが多いのではないでしょうか。

 

確かに、乾燥が強い場合には、注意しながら口腔ケアを行うべきでしょう。

 

でも、原因が口腔衛生不良の場合、適切な口腔ケアをすることで改善していくのです。

 

そのため、口腔内の出血の原因が何であるのかを把握することが大切です。

 

出血点がはっきりしている場合には、圧迫止血が有効です。

 

頻回に歯肉出血がある場合には、患者さんの時期に合わせて、歯科口腔外科に相談するのも、一つの手かもしれません。

 

終末期の患者さんに、舌苔に対してどう口腔ケアをする?

 

そもそも舌苔とは、口腔内の細菌や唾液などが交じり合って、舌上部に付着した状態を言います。

 

脱水が強くなり、口腔の洗浄機能が低下すると、起こりやすいです。

 

舌は、嘔吐反射を誘発する原因になるため、積極的にやりすぎると、患者さんの不利益の方が強くなってしまうので、注意が必要です。

 

舌苔ケアのポイントは、

 

・保湿剤を使用し、舌苔を浮かせ除去する

・舌苔を取りすぎると、舌を傷つける可能性がある

 

ということが挙げられます。

 

患者さんの状態に合わせて、舌苔除去を検討していくことが大切です。

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

終末期の口腔ケアは、あくまで患者さんの状態に合わせて行うことが大切です。

 

通常の口腔ケアは、口腔内をきれいにすることを重点的に行いますよね。

 

普段は、この考え方で良いと思います。

 

でも、終末期の患者さんの場合では、どうでしょう?

 

口腔ケアを行うことで、不快感が優位になってしまっては、いけないのです。

 

すっきりとした感覚、苦痛緩和につながることが大事なのです。

 

口を無理やり開けて、行うケアは適切ではないでしょう。

 

終末期の時期や患者さんのニーズ、口腔ケアの必要性を総合的にアセスメントをして、

 

患者さんに意味がある口腔ケアを行うことが大切です。





 

 

 

看護師とお金、転職事情について興味ありませんか?

 

「もっとお金が欲しい。」

「職場の環境が・・・」

「もっと自由に働きたい。」

「時間のコントロールをしたい。」

 

このように思う方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

看護師とお金、転職について考えてみる

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。