看護師に必要な基礎知識、スキルアップ、メンタルケア、コミュニケーション能力、考え方などを共有して、患者さんに適切な看護ケアを提供できるようにするブログになります。

酸素飽和度(SPO2)ってなに?低値時の判断は?

今回は、「酸素飽和度(SPO2)」について記載していきますね。

看護師が気軽に測定をしているSP02ですが、意味をわかって測定していますか?
なんとなくSPO2の値を見て、低いから酸素しなきゃ。という感覚の人はいませんか?

もしなんとなくで測定しているのであれば、非常に危険です。
酸素飽和度(SPO2)の意味、測定方法、低下した時の対応について、他人に説明できるレベルになれるように、記載していきますね。




酸素飽和度(SPO2)ってそもそも何?

ヘモグロビンが酸素と結合している割合をいいます。

ヘモグロビンは赤血球の中に含まれるたんぱく質で、酸素と結合して、脳や心臓など全身に酸素を運ぶ役目を果たしています。

血中酸素飽和度で何がわかるの?

酸素飽和度は、体に輸送される酸素量の指標の一つです。特に肺に関係しているんですね
酸素飽和度の正常値は、健常者であればSPO2=96%以上が一般的です。

でも、ここで臨床で働いている看護師の方なら気づくと思いますが、
全ての患者さんに95%以下になったら酸素投与だ!・・・とはなりませんよね?

肺に疾患がある方や高齢者の場合には、平気で95%を下回ることがよくあります。

大事なのは、いつもの酸素飽和度と比較をすることが非常に重要となります。

パルスオキシメーターを指などに装着すると、なんで測定できるの?

これ以外に知らない人多いんじゃないかなって思います。

ヘモグロビンは、酸素と結合していないときには赤色を吸収し、酸素と結合しているときには赤色をあまり吸収しません。
これをうまく利用して、ヘモグロビンが酸素をどれだけ含んでいるのかを測定したのが、酸素飽和度(SPO2)となります。

これ知っていると、周りの看護師から「へぇ~」と案外言われるかもしれませんよ?(笑)

パルスオキシメーターで適している測定部位ってあるの?

測定部位は、手の指、足の指、耳たぶで測定をすることができます。基本的に末梢循環が問題なければ、指で測定するのが一般的です。

一番適している部位というのは、特にありません。どの部位でもよいのですが、
大事なのは、測定誤差を減らすのがポイントになります。

どの部位でも測定できないときってありますよね?その時は、循環動態が非常に良くない考えるようにします。

酸素飽和度(SPO2)が低値の場合は、どうしたらいいの?

低い場合は、すぐ酸素!と思いがちですが、冷静に確認してから行動しましょう。

・本人の自覚症状が普段と変化があるのか
・測定部位(指から耳たぶなど)を変えてみても、低値のままなのか
・血圧低下はないのか
・末梢循環はどうなのか

これらを必ず確認してから、アセスメントをし医師に指示を確認するようにしましょう!

酸素飽和度(SPO2)を正しく理解することは、
「患者さんの苦痛を素早く気がつき、対応することができる」ことにつながります。

基本はとても大事なことなので、深く考えてみるようにしましょう!





 

 

 

看護師とお金、転職事情について興味ありませんか?

 

「もっとお金が欲しい。」

「職場の環境が・・・」

「もっと自由に働きたい。」

「時間のコントロールをしたい。」

 

このように思う方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

看護師とお金、転職について考えてみる

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。