看護師に必要な基礎知識、スキルアップ、メンタルケア、コミュニケーション能力、考え方などを共有して、患者さんに適切な看護ケアを提供できるようにするブログになります。

睡眠時無呼吸症候群ってなに?看護師として必要な知識

今回は「睡眠時無呼吸症候群って何?看護師として必要な知識」について記載していきますね。

 

あなたは、睡眠時無呼吸症候群の患者さん、もしくは身内に上気道の閉塞、つまり、いびきがひどい方を見たことがありますか?

 

なんとなく印象としては、

 

「呼吸がちゃんとできていないのかなー。苦しそうだなー。」

 

というように、“なんとなく”理解しているのではないでしょうか。

 

睡眠時無呼吸症候群の人は、睡眠時間は確保されているにも関わらず、疲れを翌日に持ち越してしまうことが多いです。

 

では、睡眠時無呼吸症候群とは何なのか?睡眠時無呼吸症候群の症状や治療法は?解説していきましょう!

 


 

睡眠時無呼吸症候群とは何なのか?

 

その名前の通りで、睡眠中に呼吸の回数が減少してしまうことをいいます。

 

睡眠時無呼吸症候群といわれる多くの場合、上気道の閉塞によるものがほとんどです。

 

じゃあ、どのぐらい睡眠中に無呼吸だと、睡眠時無呼吸症候群と定義されるのでしょうか。

 

定義としては、

 

「7時間の睡眠中に30回以上、または1時間に5回以上の無呼吸がある」

 

とされています。

 

ちなみに無呼吸は、10秒以上の呼吸をしていないことを意味しています。

 

実際に意識して、10秒以上呼吸を止めてみてください。

 

苦しいですよね?これを無意識に睡眠中に行っているので、朝目覚めると、疲労感が残っているのです。

 

・寝息を立てて寝ている

・いびきをかいて寝ている

 

どちらも同じように、気持ち良さそうに寝ているという印象があるのではないでしょうか。

 

しかし、後者のいびきをかいているということは、上気道狭窄になっていると予測され、危険信号となります。

 

この上気道狭窄が、進行すると上気道閉塞、さらに進行すると、無呼吸となってしまうのです。

 

睡眠時無呼吸症候群の症状や治療法は?

 

では、どのような症状があるのでしょうか。

 

睡眠中としては、

 ・呼吸困難によって、中途覚醒がある

 ・良い睡眠が得られないため、何度もトイレに起きる

 ・異常行動を起こすことがある

 ・呼吸停止の可能性がある

 

これらが挙げられます。

 

日中の覚醒時には、

 

 ・全身倦怠感

 ・眠気が強い

 ・起床時、頭痛が出ることがある

 ・抑うつ傾向

 

これらが挙げられます。

 

睡眠時無呼吸症候群は、睡眠中に最悪の場合、呼吸停止を起こす可能性があるのです。

 

また日中は、良い睡眠を得られていないので、生活の質が低下してしまいます。

 

じゃあ、どんな治療法があるのでしょうか。

 

ここでは、睡眠時無呼吸症候群の多くを占める閉塞性睡眠時無呼吸について書いていきます。

 

そもそも、なぜ閉塞性睡眠時無呼吸を起こすのか、原因を考えていくとわかりやすいです。

 

3大危険因子といわれているのは、

 

・肥満

・男性

・加齢

 

といわれています。

 

特に肥満が、一番大きな原因となります。

 

上気道を閉塞することで、睡眠時無呼吸症候群を発症しますよね。

 

肥満、つまり脂肪が原因で、上気道を狭くしてしまうんです。

 

狭い状態なので、当然閉塞しやすい状態になります。

 

なので、生活改善をまず行います。

 

それと並行して、無呼吸を起こさないために対策が必要になります。

 

マウスピースを装着するやり方、持続式陽圧呼吸療法(CPAP)を使用するやり方があります。

 

マウスピースを使用することで、舌を持ち上げ気道が確保されるので、いびきをかかずに呼吸ができるという仕組みです。

 

CPAPは、マスクを装着し空気を送り込むことで、上気道狭窄を防ぐ方法になります。

 

ただ、CPAPの弱点は、不快感や空気が漏れやすいということです。

 

入院している患者さんで、CPAP装着中の方がいました。

 

夜間、体動によって、アラームが鳴り、マスクがずれていることがありました。

 

結果として、睡眠の妨げになっていることもあり、患者さん毎に向き、不向きがあるのだと感じました。

 

治療は、メリットもあれば、当然デメリットもあります。

 

大事なのは、知識としてどのようなリスクがあるのか?どこを観察していかなければいけないのか?

 

これらを理解した上で、看護を提供しているのか。ただ、なんとなくマスクがずれたから、空気が漏れているのかな?と感じているだけなのか。

 

正しい知識をもって、呼吸状態に異常がないのか観察していくことが大事ですよね。

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

睡眠中で無意識中に起こる睡眠時無呼吸症候群。

 

恐ろしいですよね。

 

本当に恐ろしいのは、睡眠時無呼吸症候群だと気づかずに、日々を過ごしている方が多いことかもしれません。

 

もし、あなたの周りにいびきをかいて、無呼吸がある。翌日に疲れがとれないと話している方がいれば、受診を勧めたほうが良いでしょう。

 

入院中の患者さんは、その恐ろしさを理解して治療を受けている方が多いのではないでしょうか。

 

正しい知識を患者さんに伝えていくことで、退院後も継続していくことができます。

 

入院中だけでなく、在宅でも同じように生活ができるように援助していくことが、看護師にとって大切なことです。

 





 

 

 

看護師とお金、転職事情について興味ありませんか?

 

「もっとお金が欲しい。」

「職場の環境が・・・」

「もっと自由に働きたい。」

「時間のコントロールをしたい。」

 

このように思う方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

看護師とお金、転職について考えてみる

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。