看護師に必要な基礎知識、スキルアップ、メンタルケア、コミュニケーション能力、考え方などを共有して、患者さんに適切な看護ケアを提供できるようにするブログになります。

食事介助時の正しい知識は、看護師にとって重要

今回は「食事介助時の正しい知識は、看護師にとって重要」について記載していきますね。

 

あなたは、誤嚥リスクがある患者さん、むせが多い患者さんに対して、どのように食事介助をしていますか?

 

食事介助の対象となる方は、

 

・自力で食事は取れないが、誤嚥リスクが低く、むせもない方。

・誤嚥リスクが高く、むせも多い方

 

この2つに大きく分けることができるのではないでしょうか。誤嚥リスクが低い方に関しては、食事摂取を手伝うという視点だけで、基本的に問題ないでしょう。

 

しかし、誤嚥リスクが高く、むせも多い、窒息の危険性もある場合には、注意深く観察をしながら、食事介助を行う必要がありますよね。

 

でも、そもそも、なぜ誤嚥をしてしまうのか、むせが多くなってしまうのかなどの知識がなければ、リスクがある方の正しい食事介助をしているとはいえません。

 

では、トロミ水が飲めていても、食事の際には、なぜ、むせてしまうのか?食事介助時、何に注意しながら進めていくの?やめるポイントは?誤嚥リスクやむせが強い患者さんに対して、どう対応していくの?解説していきましょう!

 


 


トロミ水が飲めていても、食事の際には、なぜ、むせてしまうのか?

 

「トロミ水を飲んでいるときは、むせることがなかったのに。食事をしたら、すぐにむせてしまったんです。」

 

こんな経験はありませんか?

 

これは、恐らく咀嚼が影響していると考えます。

 

液体の場合には、そのまま丸のみ嚥下をするのに対して、咀嚼を必要とする食事形態の場合には、嚥下が難しくなります。

 

では、それぞれ液体の水と固形物を咀嚼した時の、流れについて簡単に解説していきましょう。

 

・液体を嚥下する場合

 

何を飲むか認識して、口まで運ぶ

口腔に液体を取り込み、飲む準備をする

舌にある液体を咽頭へ送り込む

咽頭から嚥下反射を利用して、食道まで運ばれる

食道から胃へ運ばれていく

 

このようなプロセスで、運ばれていくのですね。

 

・固形物である食事を嚥下する場合

 

食物を口に取り込み、臼歯部へ移動する

舌や頬、奥歯などを使用して、食物粉砕を行う

食物が小さく粉砕されると、咽頭へ送り込む

水分と固形物が両方ある場合には、水分を先に咽頭に送り込む

 

このようなプロセスで、さらに咀嚼と嚥下を並行で行われていくので、当然液体を飲む場合よりも、難しいことがわかります。

 

以上のことから、トロミ水がスムーズに飲めていても、食事形態によって咀嚼のプロセスが発生するので、嚥下障害がある方にとっては、むせてしまう原因となると考えられます。

 

食事介助時、何に注意しながら進めていくの?

 

誤嚥リスクやむせの可能性がある場合には、ただ“食べるのを手伝う”だけでは危険です。

 

では、どのようなことに注意しなければいけないでしょうか。

 

・介助者は、患者さんと同じ目の高さで行う

 

車椅子の患者さん、またはベッド上でギャッチアップをして食事摂取をしている患者さんがいます。

 

その際、介助者は立った状態で食事介助をしてしまうと、当然患者さんの視線も上を向きますよね。

 

この上を向いてしまうのが、危険なのです。

 

上を向くということは、頸部が伸展してしまい、誤嚥リスクを高めてしまうことになります。

 

これを予防するために、介助者は、同じ目線になるように、食事介助をする必要があります。

 

・食事中の注意点

 

患者さんの嚥下レベルにもよるので、一概には言えませんが、誤嚥リスクやむせがある患者さんに対しては、一口の食事量をよく考える必要があります。

 

患者さんで、口腔内に食物が残っていることが多い方を見たことがありませんか?

 

このような患者さんは、咀嚼に時間がかかっているので、食事量が多かったと考えます。

 

口腔内の残留が多ければ多いほど、誤嚥をする機会を増やしてしまうことになります。

 

誤嚥予防の基本としては、その人の安全な一口量を正しく把握することが大切になります。

 

STが介入している場合には、嚥下評価をしてもらいながら、連携をしていくことが、患者さんの嚥下訓練にもつながり、メリットが大きいと考えます。

 

誤嚥リスクやむせが強い患者さんに対して、どう対応していくの?

 

食事中にむせこんでしまう場合は、どんなに対策をしていてもなりますよね。

 

むせこみが起きた場合には、どのように対処したらよいでしょうか。

 

誤嚥や咽頭進入を起こしている状況なので、しっかりと出す必要があります。

 

具体的な方法としては、

 

・むせこみを利用して、そのまま咳をしてもらう

・前傾姿勢がとれるように、介助をする

・出す力が弱く、咽頭にたまっている状態の場合、吸引も考慮する

 

このような対応が、すぐにできるように介助者は、準備をしておく必要があります。

 

むせた場合には、上記方法などで対応していきますが、なぜ、むせてしまったのかを考えることはとても大切なことです。

 

・食事形態の問題なのか

・姿勢によるものなのか

・一口量は適切か

 

これらを考え、原因が特定できるようにしていきます。

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

誤嚥リスクやむせがある患者さんの食事介助は、ただ食事を手伝うだけでは不十分です。

 

あなた自身も経験があると思いますが、むせこみって辛いですよね。それが、食事摂取のたびに発生していたとしたら。

 

患者さんの安全・安楽を守るためには、正しい知識やスキルを学ぶことが大切です。正しい知識を身につけていきましょう!





 

 

 

看護師とお金、転職事情について興味ありませんか?

 

「もっとお金が欲しい。」

「職場の環境が・・・」

「もっと自由に働きたい。」

「時間のコントロールをしたい。」

 

このように思う方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

看護師とお金、転職について考えてみる

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。