看護師に必要な基礎知識、スキルアップ、メンタルケア、コミュニケーション能力、考え方などを共有して、患者さんに適切な看護ケアを提供できるようにするブログになります。

夫婦の会話が、コミュニケーション能力を上げる?

今回は「コミュニケーション能力の向上」について記載していきますね。

よく結婚している看護師に夫婦の会話について話しを聞くことがあります。
「夫婦間の会話があまりない」「家ではあまり家族と話しをしない」という話しは比較的よく聞きます。

夫婦円満のコツって、コミュニケーションなんですよね。やっぱり、相手が何を思っているのか話してもらわないとわからないものです。

この夫婦の会話ですが、医療現場のコミュニケーションで考えてみると、同じだと私は思っています。
夫婦円満のためにも、コミュニケーション能力をあげるためには、どのように考え行動していくとよいでしょう?解説していきますね!




夫婦間のコミュニケーションが上手くいかない人は、医療現場のコミュニケーションも上手くいかない?

夫婦間の会話があまりない人が、医療現場でコミュニケーションが上手くいっていないか?と言われれば、絶対NOとはいいきれません。ただ、素晴らしいコミュニケーション能力を持っているのか?と聞かれれば、それもNOだと私は思います。

コミュニケーション能力の高い人に共通することは、相手の話しを聞きたいという態度やメッセージを送ることが上手い人だと思います。 

夫婦間のコミュニケーションがあまりないということは、「相手の話しにあまり興味がない。聞き飽きた。」というメッセージを無意識かもしれませんが、発信してしまっているのです。そんな状態の中で、医療現場でのコミュニケーションだと、素晴らしいコミュニケーションを提供できますか?

そう考えてみると、難しいですよね。 

プライベートでコミュニケーション能力を磨くためには?

恋人ができた時のことを思い出してみましょう。
相手のことを、何でも知りたいと思ったことはありませんか?

そうです。相手の話しをもっと聞きたいという表情や態度、これが非常に大事なんですね! 
この表情や態度を無意識のうちにほとんどの方が、実行しているのです。

コミュニケーション能力を上達し、プロになるためには?

夫婦間で現在、色々な会話を常にしている人が、なぜコミュニケーションのプロになると考えるか?相手の話しを聞きたいというオーラ、これを無意識のうちに毎日トレーニングしているからなのかなと思います。

相手の話しを聞くとき、一番大切なのは、話の腰を折らないことですね。途中で意見をするのは絶対止めましょう!
なので、プロになるためには夫婦間、家庭の会話を大切にしましょう。

夫婦間や家庭内で、もっと聞いていたいという表情や態度ができている人は、職場の医療現場である同僚、上司、後輩、そして患者さんに対しても、身振り手振りを交えながら常に表現できています。

つまり、夫婦間でそれができないということは、コミュニケーションをできているとは言えず、最低限しかできていないんじゃないかと考えます。
何度もいいますが、聞く態度や表情というのは、コミュニケーションの基本でもあり、極めるとプロになると私は思います。

「患者さんの本当の気持ちを理解するためには、コミュニケーション能力は大変重要」なのです。
家での会話、大切にしましょう^^
 





 

 

 

看護師とお金、転職事情について興味ありませんか?

 

「もっとお金が欲しい。」

「職場の環境が・・・」

「もっと自由に働きたい。」

「時間のコントロールをしたい。」

 

このように思う方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

看護師とお金、転職について考えてみる

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。