看護師に必要な基礎知識、スキルアップ、メンタルケア、コミュニケーション能力、考え方などを共有して、患者さんに適切な看護ケアを提供できるようにするブログになります。

心不全ってなに?みるべきポイントとは?

今回は「心不全」について記載していきますね。

循環器の代表的な病気の一つが心不全です。よく歳をとると、少し歩くだけで体がだるくなり、息苦しくなることがあると思います。これがもしかすると、心不全の兆候かもしれないんです。

心臓の機能ってどういうメカニズムなのか?心不全とはどのような状況をいうのか?どんな症状があるのか?解説していきましょう!




そもそも心不全ってなに?

「運動不足かな?」「歳とったからか?」などと勘違いしやすい病気です。

心不全とは、 心臓のポンプ機能が悪くなり、全身の臓器に必要な血液を送れない状態になることです。

心臓ってどういう役割をしているの?

心不全を理解するには、心臓の機能をわかる必要がありますよね。
心臓って、血液を全身に送り出すポンプに例えるとわかりやすいです。

ポンプは、圧力の作用で吸い上げたり送ったりするための機械です。
心臓のポンプ機能が強いと、血液から各臓器に勢いがあるイメージがつくと思います。
これが、心臓の収縮力となります。

では、ここで疑問があると思います。心臓の収縮力が弱まったらどうなるの?と思う方がいるでしょう。

心臓の収縮力が弱まるということは、心拍出量が減ることになります。すると心臓は、収縮回数を増やして補おうとします。これが、心拍数が上昇するメカニズムになりますね。

心臓の機能で前負荷、後負荷ってどういう意味?

収縮前に左心室に蓄えられている血液充満量を前負荷、左心室から血液が出るときの、血液の送りやすさを後負荷といいます。

後負荷については、血圧が高いか低いかによる影響なので、わかりやすいです。
前負荷については、静脈の血液量のことを言います。

これらの心臓の機能に異常がある場合、心不全の状況に陥ります。

心不全になると、どのような症状が出てくるの?観察点は?

左心室に異常があれば、処理しきれない血液が肺にあふれてしまうので、肺うっ血になります。
症状としては、呼吸困難や咳、息切れなどがあります。

右心室に異常があれば、血液を供給する静脈血も停滞します。
症状としては、浮腫や肝機能障害、消化管機能が弱まるなどがあります。 

心不全の症状をまとめると、

・息切れ=心臓の収縮が追いつかない
・咳=肺に水が溜まった影響
・呼吸困難=肺に水が溜まり、狭窄している状態 

このように、心臓の状態と実際の症状になります。 

なので、異常の早期発見のために看護の観察ポイントとしては

・不整脈が出現し、心拍数が上がっていないか?
・呼吸困難が出ていないか?
・バイタルサインに異常はないか?
・尿量増加、もしくは極端に減少していないか?

これらを観察し、「心不全かもしれない」と疑うことが早期発見につながるのです。

慢性心不全の場合は、気がつかないうちに症状が悪化し、上記のような症状が出現します。
心臓の働きに異常があることをいち早く気付くことは、
「患者さんの生命予後を左右しかねない」ことなので、心臓のメカニズムと心不全の症状については、
是非覚えておきましょう! 





 

 

 

看護師とお金、転職事情について興味ありませんか?

 

「もっとお金が欲しい。」

「職場の環境が・・・」

「もっと自由に働きたい。」

「時間のコントロールをしたい。」

 

このように思う方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

看護師とお金、転職について考えてみる

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。