看護師に必要な基礎知識、スキルアップ、メンタルケア、コミュニケーション能力、考え方などを共有して、患者さんに適切な看護ケアを提供できるようにするブログになります。

神(ゴッド)と呼ばれた日

皆さんこんにちは!大げさなタイトルですいません(笑)

上記タイトルですが、何が神だったかというと、コミュニケーションのある一場面で同僚看護スタッフから
「今の対応、神対応でしたね!ゴッドです!」という感じで、昨日言われたので書いてみました!



どんな場面だったのか?

たぶん皆さん体験したことがあると思いますが、忙しい時ってついつい色んな物品とかを、患者さんのところだったりナースステーションに置いたことってあると思います。

それで今回の場合、アイスノンの破れてぐちゃぐちゃになった物が、配薬者の上に無造作に置いてあったんです。
普通なら、「誰がこれやったの!」なんていう言葉になりますよね。

こういう風に対応しちゃうと、何かとお互いの関係がギクシャクすることになりますよね?
内心ではこのように思ってしまいますが、私の場合は表に出したことはありません。

トラブルの原因になりますからね。正直言うと、誰が置いたのかはだいたいわかっていました。
ですが、頭ごなしにいうのって、相手を傷つける原因になるのでいいません。 

どういう風に対応したの?

置いたと思われる看護スタッフが来た時に、誰が置いたか分からない雰囲気で、
「○○さ~ん。今みんなに聞いていたんですけど、このアイスノン誰が置いたか知りませんか~?」

こんな感じで、 相手だと決めつけないで、聞いてみました。すると、
「あ~ごめんごめん。これ私が置いておいたんだ。後で、師長さんに確認してから処理しようと思って。忙しいから置いちゃったんだー。」

こんな感じで返答がありました。 そして、大きな人間関係のトラブルなく処理されました。

相手への配慮を考えて、コミュニケーションをとることが大事ですよね。
自分の想いを何も考えずに伝えることは、人間関係のトラブルになりかねません。 

そのスタッフがナースステーションを離れてから、他のスタッフから
「今の神対応、どういう風にしたらマスターできるか今度教えて!」なんていわれました。

コミュニケーション技術って、大事だなと改めて思いました^^ 




関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。