看護師に必要な基礎知識、スキルアップ、メンタルケア、コミュニケーション能力、考え方などを共有して、患者さんに適切な看護ケアを提供できるようにするブログになります。

CO2ナルコーシスってどう看護したらいいの?

今回は「CO2ナルコーシス」について記載していきますね。

慢性呼吸器疾患を患っている患者さんは、健常者と比較すると酸素化に余力がありません。慢性呼吸器疾患といっても、気管支喘息や慢性閉塞性肺疾患(COPD)というように、様々な病名があります。
CO2ナルコーシスは、重症化してしまうと昏睡状態になり、死の危険がある恐ろしい病名です。

CO2ナルコーシスとは何なのか?なぜ起きてしまうのか?看護のポイントは?
解説していきましょう!




CO2ナルコーシスってどんな病気?

二酸化炭素(CO2)の体内への異常蓄積が起こり、意識障害などの中枢神経症状が出現する病名になります。中枢神経抑制作用が強くなると、呼吸抑制を引き起こしてしまい、さらにCO2が溜まってしまうという悪循環に陥ってしまう病気なんですね。

なぜ、CO2ナルコーシスを起こしてしまうの?

通常の場合、体内のCO2によるpHの変化をすることで、主な呼吸刺激をするように働いています。

・体内のCO2が増えれば換気を増やす
・体内のCO2が減少すれば換気を減らす

このようにコントロールされているんですね。 しかしCO2ナルコーシスを起こしている患者さんの場合は、慢性的にCO2が溜まっています。すると、CO2が溜まっていることに身体が慣れてしまうんです。代わりに、低酸素血症が呼吸刺激となります。つまり、

・体内のO2(酸素)が増えると換気を減らす
・体内のO2(酸素)が減少すれば換気を増やす

このような状態になります。 酸素を不用意に投与してしまうとどうなるでしょう?

酸素上昇により、呼吸刺激が弱くなってしまう

呼吸抑制が起こり、CO2が溜まってしまう

CO2ナルコーシスを起こしてしまう

このようなメカニズムになるんですね。

CO2ナルコーシスを起こしたことのある患者さんに、どう看護したらいいの?

症状としては、中枢神経症状が出てくるので頭痛が先行して起こります。その後、徐々に意識レベルの低下が出てきます。傾眠傾向から徐々に昏睡に変化していきます。

CO2ナルコーシスの3大症状は、

・重症呼吸性アシドーシス
・意識障害
・自発呼吸が弱くなる

となります。ポイントしては、酸素投与後に血圧上昇や頻脈、発汗などの症状が見られ、特に頭痛症状が出現した時には、素早いアセスメントが重要となります。

では、どう対応したらよいでしょう?

CO2ナルコーシスを起こしやすい慢性呼吸器疾患、または起こしたことがある患者さんの場合は、低濃度、低流量の酸素投与から開始しましょう。

しかし、CO2ナルコーシスを気にするあまり不十分な酸素投与では、患者さんに危険な状態になる可能性があるので、注意しましょう。可能性がある場合には、呼吸抑制と意識障害に備える準備が必要です。 

備えるというのは、意識障害が原因でいびき音などの気道閉塞症状が出た場合に、対応ができるということです。呼吸補助をするために、気管挿管または非侵襲的陽圧換気の呼吸器をつけれるように準備ができている状態が大切です。

CO2ナルコーシスを発症した場合には、高濃度の酸素投与もできず、CO2も溜まっていくため判断が難しいこともあります。CO2ナルコーシスの病態を理解し、適切な看護を提供できるように、知識を深めていきましょう!





 

 

 

看護師とお金、転職事情について興味ありませんか?

 

「もっとお金が欲しい。」

「職場の環境が・・・」

「もっと自由に働きたい。」

「時間のコントロールをしたい。」

 

このように思う方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

看護師とお金、転職について考えてみる

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。