新人看護師

【新人看護師】1年間の目標を現役看護師が3つのポイントで解説

新人看護師
「1年間の目標を見たけど、正直どう行動して良いかわからない・・・」

「先輩看護師によって、求められるレベルが違う。」

「一人前の看護師になるために、どこまで頑張れば良いの?」

 

こんな新人看護師の悩みを解消します。

 

本記事の内容

・看護知識の学び方

・看護技術の到達レベル

・積極的なコミュニケーションが有益

 

本記事の信頼性

・現役看護師13年目

・急性期、慢性期、終末期の全てを経験

・救急外来や消化器内科など、多くの科を経験

 

総合病院で看護師として12年間働き、1年間フリーランス。

現在は、施設看護師として日中のみ働きながらブログを書いています。

 

今回は、新人看護師が抱える1年間の目標というテーマでお伝えしていきます。

 

新人看護師の目標というのは、ハードルを高く感じますよね。

私自身、目標を正しく理解できずに、毎日怒られる状況がしばらく続きました。

 

正直、毎日怒られると「看護師に向いていないんじゃないか?」と思ってしまいます。

 

ただ、安心してください。

本記事を読むことで、1年間の目標を正しく理解し行動できるようになります。

 

今回は、目標達成に必要な3つのポイントについてお伝えします。

新人看護師の目標を達成したいという方は、最後までじっくりと読んでみてください。

 

それでは、スタートしていきましょう。



新人看護師の目標1:看護知識の効率的な学び方は事後学習です

 

結論としては、

事後学習がオススメ”になります。

 

新人看護師のメイン学習方法は事後学習

 

新人看護師
「事前に調べた知識と疾患の症状が合わないな。」

 

こんな経験をした人がほとんどのはずです。

 

事前学習は、疾患の理解と症状の予測に役立ちます。

ただ、知識の範囲が多く、理解しきれない部分があります。

では、事後学習の場合はどうでしょうか?

 

事後学習3つのメリット

・疾患の症状にあった具体的な看護ポイントを考えられる

・疾患の理解と観察ポイントが具体的になる

・正しいアセスメントがしやすくなる

 

事後学習のデメリット

・仕事が終わってから行うので、体力的にきつい

 

新人看護師の看護知識をつける手段の一つとして、事後学習は有効です。

患者さんを通して、不明点や曖昧だと思う知識を再学習する。

この行動を繰り返すことで、一人前の看護師として成長していきます。

 

デメリットを軽減するために、私は職場で一通り調べて、自宅にあまり持ち込まないようにしていました。

 

事後学習のやり方を具体的に教えます

患者さんの疾患の理解が不十分

疾患の病態をまず調べる

症状を調べて、患者さんに現在出ている症状と照らし合わせる

観察すべき項目を調べる

観察項目の正常と異常を理解する(早期発見のため)

異常を見つけたときの行動を考えておく

 

上記が最低限、事後学習に必要な項目になります。

少しずつ慣れてきたら、下記の項目も追加で学習すると、より一人前の看護師に近づくことができます。

 

追加で事後学習すると良いもの

・治療過程(治療の内容がわかると、異常を発見しやすい)

・検査結果(身体の異常を理解しやすい)

・内服薬の作用と副作用

 

半年続ければ疾患が重複して、少しずつ余裕が出てくるので頑張りましょう。

 

新人看護師の目標2:100%自信が持てるまで看護技術を磨くことが大切です

優秀な看護技術は信頼を勝ち取る

これが結論ですね。

 

100%の看護技術スキルは、2つの信頼を勝ち取ります

看護技術を100%確立する恩恵

・患者さんに良い看護ケアを提供でき、信頼関係を構築できる

・先輩看護師に一定の評価を受ける

 

患者さんに良いケアを提供できるのは当然ですが、重要なことが

先輩看護師から一人前の看護師として評価を受ける

という点ですね。

 

私の新人看護師で勤務した科は、消化器内科になります。

ここで、私が看護技術として努力をしたのが採血と静脈注射です。

 

最初の頃は失敗の連続でしたが、努力は必ず報われます。

先輩看護師やベテラン看護師が次々と失敗する中で、私がルート確保を一発でできたことがあります。

 

これが一度ではなく、何度か繰り返すとどうなるか。

先輩看護師
「針がうまく入らなくて。お願いできる?」

というようなケースが増えていくんですね。

 

一人の看護師として見られると、嬉しいものです。

1年間の目標として、自信が持てる看護技術を一つでも多く獲得すると、2年目以降に苦労せずに過ごすことができます。

 

新人看護師の目標3:積極的なコミュニケーションで、ポジションを確立することが大切です

コミュニケーションと聞くと、患者さんとのやりとりをイメージすると思います。

 

患者さんとの日々のコミュニケーションは当然必要ですが、それ以外に重要なのが

先輩看護師、ベテラン看護師とのコミュニケーション

なんですね。

 

私が新人看護師だった頃、とにかく自信がありませんでした。

その結果、

怒られないように、なんとなく1日をやり過ごそうとする

知識不足、技術不足で怒られる

先輩看護師に相談できなくなる

声をかけられるだけで、緊張する

消極的になる

怒られて給料がもらっていると思えてくる

 

こんな感じで、1年間は本当に大変な思いをしたんですね。

今でこそ、誰とでも積極的に協力しながら行動できていますが、行動を間違えれば先輩看護師との信頼関係は崩れていきます。

 

では、どう行動すれば良いのか?

・積極的に挨拶をする

・休憩時間中に、世間話で良い関係を築いておく

・自分なりの考えを伝えた上で、相談をする

 

上記のように、とにかく積極的に関わっていくことが大切です。

 

関わりが少ないと、

「何を考えているのかわからない。」

こう思われてしまいますからね。

 

先輩看護師と良い関係を築くメリット

・ちょっとしたミスでも、笑ってカバーしてくれる

・わからないことを丁寧に教えてくれる

・ケアの協力をしてもらいやすくなる

・モチベーションを維持できる

・人間関係のストレスが圧倒的に少なくなる

 

先輩看護師と良好な関係は、メリットばかりですね。

あなたの周りにいる新人看護師で、良いポジションにいると感じる人がいるでしょう。

その新人看護師の行動をよく観察してみてください。

 

積極的にコミュニケーションをし、元気に毎日を過ごしているはずです。

ポジションを確立するまでに数ヶ月の時間が必要になりますが、一度確立すると看護師生活が過ごしやすくなりますよ。

 

まとめ:新人看護師の1年間の目標は、十分達成可能です

今回は、新人看護師が抱える1年間の目標というテーマでお伝えしました。

 

本記事の内容を要約しますね。

 

・看護知識の効率的な学び方は事後学習が有効

・100%の看護技術スキルは、患者さんと先輩看護師の信頼を勝ち取る

・積極的なコミュニケーションが、あなたの良いポジションを確立する

 

こんな感じですね。

 

新人看護師というのは、看護師生活の中で一番大変な時期です。

 

ここで正しい努力をすることが、後々の看護師生活に大きな変化をもたらします。

1年間の目標を見ると重い空気になりますが、まずは3つのポイントを意識して行動していきましょう。

-新人看護師
-

© 2020 看護LIFE.com Powered by AFFINGER5