新人看護師

新人看護師が辞めたい2つの時期をどう乗り越える?現役看護師が解説

新人看護師が辞めたい2つの時期をどう乗り越える?現役看護師が解説

新人看護師
「毎日、課題とストレスで辛いです。辞めたいと思っていますが、どうしたら良いのだろう。」

 

こんな新人看護師の悩みを現役看護師が解決します。

 

本記事の内容

新人看護師の辞めたい時期は、3ヶ月後と6ヶ月後が圧倒的に多いです

時期別!新人看護師の辞めたい時期を乗り越える秘訣は〇〇です

新人看護師で辞めたい!と退職する前に、試してほしい3つのこと

 

本記事の信頼性

・現役看護師13年目

・急性期、慢性期、終末期の全てを経験

・救急外来や消化器内科など、多くの科を経験

 

総合病院で看護師として12年間働き、1年間フリーランス。

現在は、施設看護師として日中のみ働きながらブログを書いています。

 

今回は、新人看護師が辞めたい2つの時期というテーマで伝えていきます。

 

新人看護師の1年間というのは、毎日辞めたいと思いながら仕事をしていますよね。

特に3ヶ月と6ヶ月という時期は、辞めたい気持ちがピークになります。

 

なぜなら、課題という大きな壁が目の前に現れるからですね。

私自身、3ヶ月と6ヶ月の時期に

 

「看護師としてやっていけるのだろうか・・・?」

 

こう思いながら、なんとか過ごしていたのを覚えています。

本記事では、

 

新人看護師の辞めたい2つの時期を乗り越えるポイント

 

上記について深掘りしていきますので、じっくりと読んでみてください。

それでは、スタートしていきましょう!



新人看護師の辞めたい時期は、3ヶ月後と6ヶ月後が圧倒的に多いです

 

新人看護師が辞めたい理由

・先輩看護師との人間関係

・患者さんとのコミュニケーション

・看護の知識不足

・看護技術の習得ができない

・プライベートの時間がない

 

上記が主な辞めたい理由になりますね。

特に3ヶ月と6ヶ月という時期は、強く辞めたいと感じるものです。

 

その理由について、解説します。

 

入職して3ヶ月後:一人で看護をする場面が急に増えて、不安いっぱいになる

 

4月:病棟の雰囲気に慣れるのが精一杯

5月:先輩看護師と一緒に行動しながら、少しずつ看護を学ぶ

6月:急に一人で考え行動することが増えて、責任を強く感じる

 

新人看護師の一般的な流れは、上記のようになります。

 

新人看護師
「毎月、課題とストレスばかりで、どんどん辛くなっていく。もう無理。」

 

こう感じて、3ヶ月で辞めたい気持ちが強くなるわけですね。

 

入職して6ヶ月後:夜勤の不規則勤務と患者数に対応できない。

 

7〜9月:先輩看護師と一緒に夜勤をする機会が増える

 

少しずつ日勤を自立することができれば、次は夜勤を先輩看護師と一緒に行います。

毎月、課題という壁ばかりなのが新人看護師の1年間ですよね。

 

入職して6ヶ月で辞めたい理由

・夜勤で患者数が多くて、対応できない

・先輩看護師との人間関係に強いストレス

・自立することが多く、責任が重たい

 

上記のように、夜勤をスタートしてから辛くなることも多いわけです。

結果、6ヶ月で辞めたいと思うようになります。

 

私の場合、先輩看護師との人間関係に強いストレスを感じていました。

誰かに見られていると、能力の4分の1も出ないタイプでした。

 

1年後に夜勤が自立になり、急に行動できるようになったので、珍しいタイプなのかもしれませんね。

 

時期別!新人看護師の辞めたい時期を乗り越える秘訣は〇〇です

 

新人看護師を乗り越える2つの秘訣

・消極的→積極的な行動をする

・自信がなくなったら、入職した4月を思い出す

 

詳しく解説しますね。

 

【脱】消極的をすることが、人間関係を攻略するポイントです

 

新人看護師
「今日も先輩看護師に怒られないように、無難に過ごそう・・・」

 

先輩看護師に毎日指導をされると、怒られないように逃げながら仕事をしたくなるものです。

 

そうなると、いつの間にか受け身になっていきます。

私が新人看護師だった頃、まさにこの状態でした。

 

その結果、先輩看護師から

 

先輩看護師
「何を考えているのかわからない。」

「本当にわかっているのだろうか?」

「積極的に行動しないと、いつまでも変わらない。」

 

このように言われ続けていました。

積極的に行動するのは、勇気がいることです。

 

先輩看護師に前のめりに質問しても、怒られることもありますからね。

とはいえ、間違いない事実として

 

積極的な行動を続けると、頑張っていると認められる

 

ということです。

看護技術の未熟、知識不足があったとしても、一生懸命な姿は良い印象を与えます

 

受け身になりがちではありますが、積極的な姿勢が人間関係を攻略するポイントです。

 

入職した4月を思い出すと、成長を感じます

 

新人看護師
「何も成長していないのではないか?看護師として、やっていけるのだろうか?」

 

こう感じたときには、4月で何もわからなかった頃を思い出してください。

 

私は同期の看護師から、

「4月と比べたら専門的な話しができるようになっているよ。成長している!」

 

こう言われた時に、安心しました。

先輩看護師から指導を受ける日々ですが、その度に間違いなく成長しています。

 

4月と比較して成長しているポイント

・看護知識

・看護技術

・アセスメント

・見回りの効率化

・コミュニケーション力

 

上記一つ一つを比較すると、どれも能力が上がっているのです。

最初は入職した科の知識も少なかったでしょうし、看護技術も一人でできる技術はほとんどなかったはずです。

 

患者さんを1人見るだけでも大変だったのに、いつの間にか複数人を管理することもできている。

 

知識が増えて、アセスメント能力も向上しています。

 

自信がなくなってきたら、上記項目のどれでも良いので振り返ってみてください。

成長を感じて、看護師としてのモチベーションを復活させるきっかけになりますよ。

 

新人看護師で辞めたい!と思う時期に、試してほしい3つのこと

 

試してほしい3つのこと

・1年間だけ耐える短期目標を立てる

・信頼獲得できる方法がないか考える

・部署異動をすぐ行い、環境を変える

 

順番に解説をしていきますね。

 

1年間耐える短期目標を立てる【1年後、驚くほど楽になります】

 

新人看護師の目標として、

“1年間耐える”

 

という目標にするのをオススメします。

なぜなら、1年後に監視の目が緩くなるからですね。

 

1年後には、あなたは2年目看護師になり、新たに新人看護師の後輩が入職してきます。

 

すると、どうなるか?

あなたより、新人看護師の指導を手厚くする必要があります。

 

当然ですが、

 

”1年間耐える=2年目看護師の知識と技術がある”

という前提ではあります。

 

ただ、先輩看護師から指導をされて確実に成長しているので、そこまで心配せずに2年目を迎えればOKです。

 

信頼獲得できる方法がないか考える【毎日が楽になります】

 

先輩看護師の信頼を得るには、どうするか

 

ここを考えて行動していくと、毎日が嘘みたいに変わります。

 

先輩看護師の信頼を得るメリット

・看護の仕事が楽しくなる

・人間関係が良好

・理不尽に怒られない

 

上記のように、嬉しい内容ばかりです。

では、信頼を得る具体的な方法ですが、

 

・一つ一つ確実にこなしていくこと

・あなたの強みを出すこと

 

この2つが重要です。

先輩看護師に、

 

「〇〇は任せても大丈夫。」

 

と思えるような内容を一つ一つ増やしていく。

何事も積み重ねですね。

 

強みというのは、

 

“あなたといえば〇〇が得意だよね”

というのを持つことです。

 

私の場合だと、

・コミュニケーションが丁寧で、患者さんへの説得力がある

・採血や静脈注射がうまい

 

この辺りが徐々に伝わりました。

ポジションを確立できれば、一人の看護師としてみてもらえるようになります。

 

部署異動をすぐ行い、環境を変える【悪循環から抜け出せます】

 

“もうダメだと思ったら、すぐ逃げてください”

 

新人看護師は、想像以上に辛い毎日ですよね。

頑張っても褒められることがなければ、どんな人でも精神的に辛くなっていきます。

 

体調を崩してまで同じ職場にいる必要はありません。

看護師が辞めずに仕事ができる条件として、

 

“働きやすい協力し合える環境”

 

これが絶対です。

新人看護師が、先輩看護師よりできないのは当たり前。

 

経験も浅ければ、知識も少ないのだから。

それでも、一生懸命に頑張っています。

 

頑張りを認めてくれながら、指導をしてくれる病院なら、きっと本気で辞めたいとは思わないはずです。

 

であれば、部署異動をするのが良いですね。

私自身、新人看護師ではありませんが、部署異動を出したことがありました。

 

部署異動を話したときには、強いストレスを感じましたが、今思えば伝えて良かったと思いますね。

 

本記事で伝えた方法を実践して改善がなければ、部署異動または退職をして新たにスタートするのをオススメします。

 

まとめ:新人看護師の辞めたい時期は必ずあります。どう行動するかが大切です

 

今回の記事をまとめると、

 

・新人看護師の辞めたい時期は、3ヶ月後と6ヶ月後が圧倒的に多い

・辞めたい理由は、人間関係と夜勤の不規則勤務、責任が増える

・辞めたい時期を乗り越えるには、積極的な姿勢と入職した4月を思い出す

・辞める前に試してほしい3つのこと

 

上記になります。

 

新人看護師の1年間というのは、本当に大変で忙しいです。

「病院と家の往復しかしていない。」

 

こう表現できるぐらい、忙しいですね。

 

辞めたいと思う時期は必ずあります。

今回紹介した内容が、少しでも役に立てれば嬉しいです。

-新人看護師
-

© 2020 看護LIFE.com Powered by AFFINGER5